カテゴリー「自転車」の記事

ARAYA(アラヤ)のランドナー

新屋工業=ARAYA=アラヤ

一昔前はリムといえばアラヤ、マウンテンバクもアラヤなんて時代もありましたが最近はカーボンバイク全盛期でアラヤの名前を聞く機会が減りました。

しかし、アラヤは今でもコアなファンの為にコツコツと進化しながらモノつくりを続けているのです。

今回、ご用命いただいたのは、「ARAYA SWALLOW RANDNNER」 正真正銘の正統派ランドナーです。

Dsc_0205
部品構成は完成車としては拘り抜いた選択がされてます。

Dsc_0210
Dsc_0207
Dsc_0209_1
キャリアはオプションです。

これだけマニアックだと組み立てるのにバランス等に気を使います。

組んでて楽しかったです。以外にも若い方がご主人様なのです。

ありがとうございました。










| | コメント (0)

RALEIGH RSS

イギリスの老舗ブランド「RALEIGH」=ラレーの取り扱いを始めました。

第一弾は

「RALEIGH RSW SPORT」
1965年に発表された16インチモデルのRSWの流れを受け継ぐ最新モデル

Dsc_6575

20インチ(451)で快適な走りを実現しました。
リムはARAYAのアルミポリッシュリム、クランクはSUGINOのポリッシュ、フェンダーもアルミロールフォーミング加工のポリッシュと隙のない作りこみは所有感を満足させます。

Dsc_6577
ツイードのジャケットを羽織って乗りたくなるような大人の1台です。

この仕様で驚きの\58000-

このブルーはM様の元へ嫁いでいきました。(お取り寄せは可能です。)

http://www.raleigh.jp/

グレイメタリックは1台店頭在庫あります。

「ARAYA」の取り扱いも始めております。

私的な注目バイクは

ARAYA MUDDY FOX  MFB

フルリジッドクロモリフレームに最新のブースト規格(F:110mm R:148mm)を採用したネオクラッシックなマウンテンバイク完成車

Araya_big_format_mfbk
27.5インチホイル採用で27.5+規格のタイヤも装着できる設計です。

ARAYA技術者の粋が詰め込まれた1台を手に入れてみたいです。

全てのパーツ構成も粋です。

\108000-

手に入りにくいモデルですが、今なら予約すれば手に入ります。(3月以降)

http://araya-rinkai.jp/bikes

| | コメント (0)

KIDSバイク/キッズバイク

キッズバイクをお求めになる方が増えるシーズンとなりました。

お勧めのキッズバイクブランド

「ヨツバサイクル」「FrogBike」「GT」

量販店ブランドより少しお高いですが子供に優しい安心安全なバイクです。

Dsc_6590
Dsc_6593
大人向けと同様に納車整備してお渡しいたします。




| | コメント (0)

SCOTT ADICT 30

軽量ロードバイクのADICTがモデルチェンジしました。

レース向きの「RC」=レーシングコンセプト とエンデュランス志向の通常モデルに分かれました。

今回紹介するのはエンデュランス志向の「ADICT30」

Dsc_6464
コンポーネントSHIMANO TIAGRA 4700

リムはSYNCROSのワイドリムで700*28Cのワイドなタイヤを標準装備

Dsc_6466
長めのヘッドチューブと細めのダウンチューブ

Dsc_6469
SYNCROSのステム

Dsc_6470
SYNCROS RR2.0サドル + カーボンシートポスト

Dsc_6471


Dsc_6472


Dsc_6467
\199000-

| | コメント (0)

SCOTT ASPECT 760

スイスSCOTT社のMTBは近年のXC種目で世界選手権、ワールドカップ、オリムピックの全てを制覇しているバイクメーカーです。

そのフィロソフィーが流れるエントリーMTB「ASPECT」

SCOTTのエントリーMTBは扱いやすさを重視したコンパクトなフレームデザインとなっています。この「ASPECT」をガンガン乗り込んで上達してください。

P1210575
P1210576
油圧ディスクブレーキ

P1210584

P1210580
SCOTT ASPECT 760 (27.5インチ) \58000-










| | コメント (0)

GT アバランチェ エリート 2018

USの老舗MTBメーカー「GT」のトレイル系定番モデル

「AVALANCHE」=「アバランチェ」

本格的な走りを支えるエア式フロントサスペンションフォークを採用したモデル

「ELITE」=「エリート」

Dsc_6454
写真はSサイズ

写真を見てもおわかりの通り非常にバランスのとれたディメンジョンです。ロッグトップ+ショートステム、ヘッドアングル、チェーンステーはSTDで乗りやすいです。

ブレーキもシマノの油圧ディスクM315  コンポはDEORE

Dsc_6456
コスト的にスルーアクスルではありませんが大きな問題ではありません。

Dsc_6458
2×10sのワイドなギア比はどこにでも連れて行ってくれます。

フロント 36/22T リア 11/42T

22*42Tって・・・  0.52倍 (クランク2回転でタイヤ1回転!)

この仕様で \88,800-(税抜)は驚きです。




| | コメント (0)

SCOTT FOIL TEAM

SCOTT のハイエンドエアロロード 「FOIL」

Dsc_6354

フォークを包み込むかのような低いダウンチューブとTTバイクのようなヘッドチューブが空気抵抗をそぎ落とし低いチェーンステーも同様の効果を発揮するエアロフレーム

Dsc_6357


Dsc_6358

1-1/4のコラムはダイレクマウントブレーキと相まって高剛性なハンドリングフィールを与えてくれます。 2016年のパリルーベで優勝したことは快適性においても優秀な性能を持っている証です。

単なるエアロロードではないのが、この「FOIL」の魅力でしょう。

Dsc_6359
そして軽いです。






| | コメント (2)

クロスバイク

2018年モデルのクロスバイクも入荷しております。

FELT VERZA SPEED50

P1210516

フルモデルチェンジでフレームのクオリティが大幅に向上しました。

P1210517

ロードバイクVR系のノウハウを惜しみなく投入した感じです。特にシートステーの造形には驚きです。(乗り心地を良くするために細くしている)

P1210521

タイヤも32Cと幅広になり、より安定感が向上

\55,800-

MERIDA CROSSWAY TFS200-MD

P1210489
定番のクロスバイクです。 ディスクブレーキを採用し雨の日でも安心の制動力です。

P1210495
細身のタイヤ(28C)で走りの軽さを重視しています。

P1210491
\59,900-

少し変わったフラットロードもあります。

ORBEA AVANT CRALIS FLAT

P1210550
OEBEAのロードフレームにシマノCRALISのトリプルクランクを装備した快速仕様

P1210552

P1210554
\99,000-












| | コメント (0)

MERIDA 2018 BIGNINE入荷

MERIDAのマウンテンバイク BIGNINE LIMITED が入荷いたしました。

P1210522

写真では再現できないのが残念ですがよい色です!
アルミフレームですが非常に軽量で最新のBOOST規格採用(ハブ軸の幅が広くなっている規格で29インチ等の大径ホイルでは横剛性が飛躍的に向上)


P1210534

P1210524
フロントショックはBOOST規格のマニトウ社製エアサスペンション(試乗会で乗りましたがよく動きます。逆に付いているように見えますがマニトウのブレーズは後ろにきます。)

P1210529

シマノSLXの30T(フロントシングル)


P1210527

リアディレーラーのSLXでカセットは11-50T!(ロードのコンパクトインナー34Tだと56Tを付けている換算です!)


P1210528
このチェーンステーの形状が絶妙です。


最強のアルミXCバイクです。

\169,900-  素敵な価格設定です。



| | コメント (0)

MERIDA 2018 REACTO入荷

バーレーンメリダTEAMカラーのREACTO4000が入荷しました。

このカラーはかなりの人気色らしく早くもバックオーダー状態です。当店にもサイズS/M(52)1台のみです。(2017年10月3日現在)

P1210540

完全新設計の新型REACTO 新城選手お気に入りのエアロロードバイクです。


P1210541


P1210545_2


P1210549


P1210543


P1210548

\249,000-



| | コメント (0)

より以前の記事一覧