カテゴリー「自転車」の記事

SCOTT ASPECT 760

スイスSCOTT社のMTBは近年のXC種目で世界選手権、ワールドカップ、オリムピックの全てを制覇しているバイクメーカーです。

そのフィロソフィーが流れるエントリーMTB「ASPECT」

SCOTTのエントリーMTBは扱いやすさを重視したコンパクトなフレームデザインとなっています。この「ASPECT」をガンガン乗り込んで上達してください。

P1210575
P1210576
油圧ディスクブレーキ

P1210584

P1210580
SCOTT ASPECT 760 (27.5インチ) \58000-










| | コメント (0)

GT アバランチェ エリート 2018

USの老舗MTBメーカー「GT」のトレイル系定番モデル

「AVALANCHE」=「アバランチェ」

本格的な走りを支えるエア式フロントサスペンションフォークを採用したモデル

「ELITE」=「エリート」

Dsc_6454
写真はSサイズ

写真を見てもおわかりの通り非常にバランスのとれたディメンジョンです。ロッグトップ+ショートステム、ヘッドアングル、チェーンステーはSTDで乗りやすいです。

ブレーキもシマノの油圧ディスクM315  コンポはDEORE

Dsc_6456
コスト的にスルーアクスルではありませんが大きな問題ではありません。

Dsc_6458
2×10sのワイドなギア比はどこにでも連れて行ってくれます。

フロント 36/22T リア 11/42T

22*42Tって・・・  0.52倍 (クランク2回転でタイヤ1回転!)

この仕様で \88,800-(税抜)は驚きです。




| | コメント (0)

SCOTT FOIL TEAM

SCOTT のハイエンドエアロロード 「FOIL」

Dsc_6354

フォークを包み込むかのような低いダウンチューブとTTバイクのようなヘッドチューブが空気抵抗をそぎ落とし低いチェーンステーも同様の効果を発揮するエアロフレーム

Dsc_6357


Dsc_6358

1-1/4のコラムはダイレクマウントブレーキと相まって高剛性なハンドリングフィールを与えてくれます。 2016年のパリルーベで優勝したことは快適性においても優秀な性能を持っている証です。

単なるエアロロードではないのが、この「FOIL」の魅力でしょう。

Dsc_6359
そして軽いです。






| | コメント (2)

クロスバイク

2018年モデルのクロスバイクも入荷しております。

FELT VERZA SPEED50

P1210516

フルモデルチェンジでフレームのクオリティが大幅に向上しました。

P1210517

ロードバイクVR系のノウハウを惜しみなく投入した感じです。特にシートステーの造形には驚きです。(乗り心地を良くするために細くしている)

P1210521

タイヤも32Cと幅広になり、より安定感が向上

\55,800-

MERIDA CROSSWAY TFS200-MD

P1210489
定番のクロスバイクです。 ディスクブレーキを採用し雨の日でも安心の制動力です。

P1210495
細身のタイヤ(28C)で走りの軽さを重視しています。

P1210491
\59,900-

少し変わったフラットロードもあります。

ORBEA AVANT CRALIS FLAT

P1210550
OEBEAのロードフレームにシマノCRALISのトリプルクランクを装備した快速仕様

P1210552

P1210554
\99,000-












| | コメント (0)

MERIDA 2018 BIGNINE入荷

MERIDAのマウンテンバイク BIGNINE LIMITED が入荷いたしました。

P1210522

写真では再現できないのが残念ですがよい色です!
アルミフレームですが非常に軽量で最新のBOOST規格採用(ハブ軸の幅が広くなっている規格で29インチ等の大径ホイルでは横剛性が飛躍的に向上)


P1210534

P1210524
フロントショックはBOOST規格のマニトウ社製エアサスペンション(試乗会で乗りましたがよく動きます。逆に付いているように見えますがマニトウのブレーズは後ろにきます。)

P1210529

シマノSLXの30T(フロントシングル)


P1210527

リアディレーラーのSLXでカセットは11-50T!(ロードのコンパクトインナー34Tだと56Tを付けている換算です!)


P1210528
このチェーンステーの形状が絶妙です。


最強のアルミXCバイクです。

\169,900-  素敵な価格設定です。



| | コメント (0)

MERIDA 2018 REACTO入荷

バーレーンメリダTEAMカラーのREACTO4000が入荷しました。

このカラーはかなりの人気色らしく早くもバックオーダー状態です。当店にもサイズS/M(52)1台のみです。(2017年10月3日現在)

P1210540

完全新設計の新型REACTO 新城選手お気に入りのエアロロードバイクです。


P1210541


P1210545_2


P1210549


P1210543


P1210548

\249,000-



| | コメント (0)

SCOTT2018展示会 ロード

2018年モデルより「SCOTT」の取り扱いを始めます。

27日まで2018モデルの先行予約を受け付けいたします。(特典あり)

大阪の展示会を抜粋してご紹介します。

「Foil」
パリルーベでも成績を残した驚愕のエアロロード「Foil」のDISCブレーキモデルがでました。

P1000731
フロントフォークとリアバックが専用設計です。30Cのタイヤを装着できます。
フォークブレードは左右非対称でエンド形状は空気を整流するフィン形状、前後12MMのスルーアクスル

P1000733
RC/10/20のバリエーションあり

「Foil」
リムブレーキのFoilも健在です。2016年パリルーベはこれで優勝しています。2017年も使用しています。http://www.cyclowired.jp/news/node/229340  エアロロードです・・・

P1000736
「Adict」
Adictファミリーは「AdictRC」(レーシングコンセプト)と「Adict」(エンデュランス)の二つのモデルで構成されている。

「AdictRC」
超軽量ロードバイクながらしなやかで優れたハンドリング有するレーシングバイク

P1000743
DISCモデルも登場

P1000748

「Adict」
エンデュランスジオメトリを採用し軽量と乗り心地をリーズナブルに手に入れることが可能なモデルとして生まれ変わりました。 32Cのタイヤが装着できます。

P1000749
Adictファミリーは全13モデル

「Speedstar」
フルデルチャンジを果たしたアルミフレームのエンデュランスロードです。、あらゆるサイクリストを満足させるために多彩なバリエーションが用意されています。 32Cのタイヤが装着できます。

P1000757
Speedstarは全5モデル \199000 - \89000

2018の全モデル詳細はスコットジャパンのHPにて

http://www.scott-japan.com/bikes/index


























| | コメント (0)

FELT VR60

FELTの2018年モデルが入荷してます。

VR60

ロードレーサーではない「ロードバイク」 FELTではマルチロードと呼んでいます。

700*28Cと太目のタイヤを標準装備しディスクブレーキと相まって安定した操縦性が売りです。 VR60はシマノNEWクラリスをメインコンポーネントとしたエントリーロードバイクです。

P1210429
単なる入門バイクではなくFELTがしっかりと作りこんだマルチロードです。

P1210430
新型クラリスのSTIレバーは上級モデルと遜色ない出来です。

P1210434
セラロイヤルのLOOKINサドルはゲル入りで最高に快適です。

P1210439
なんとこのクラスでフラットマウントの対向ピストンのメカニカルディスクブレーキです。

P1210440

乗り心地と剛性を確保したフレームワーク (ボトルケージ台座は4か所!)

この仕様で  ¥99、800-(税抜)

驚きです。初めてのバイクとしてだけでなくセカンドバイクとしても魅力的な一台です。(シクロクロスとしても使えます。)





| | コメント (0)

電動アシスト クロスバイク

パナソニックの電動アシスト式のクロスバイク「ジェッター」が復活しました。

P1210395_2

700cタイヤを装備したモデルは廃版になっておりましたがフルモデルチェンジ! 前後メカニカルディスクブレーキを装備して安定した制動性能を手に入れました。また、16Ahの大容量バッテリーも標準装備で遠出のサイクリングでも安心です。

パワーモードでも50km以上走行可能ですので10km/日程度の使い方でしたら1週間は無充電で持つ計算です。(使い方で変動します)

サイクリングはしたいが上り坂に自信が無い方や楽に気軽に走りたい方にお勧めです。

電動アシスト自転車じゃ運動にならないのでは・・・

勿論、アシストなしと比較すると運動強度は下がりますが、電動とはいえペダルを回転させなければ進みません。無理のない運動強度で脚の上下運動を一定時間気持ちよく持続できるので乗る回数が自然に増えてよい運動になるはずです。

なかなか馬鹿にはできませんよ。

電動アシストのスポーツタイプは変速機やブレーキの調整に技術が必要ですので専門店でのご購入をお勧めします。

| | コメント (2)

FELT FR5 入荷

2017年にフルモデルチェンジを果たした「FELT FR」のミドルグレードモデル「FR5」が入荷いたしました。実に5年振りのフルモデルチェンジなので非常に魅力的に仕上がっています。

P1200695
オールラウンドピュアロードレーサー「FR」

メカニカルシフトケーブルは外装としレースでの整備性と内蔵することによる穴周りの無駄な造形を排除した合理的なデザイン
P1200713

シートステーからブレーキとブリッジも排除し路面追従性を向上させ路面の凹凸による抵抗力を推進力に変換させるデザインへ

P1200718
P1200719
BBは「BB386EVO」規格とし最大化
タイヤクリアランスも大きくとれて、28Cのタイヤ装着可能です。

P1200711
リアブレーキはBB下のダイレクトマウント
ケーブルの取り回しが絶妙で非常に軽いブレーキタッチを実現してます。

P1200712
P1200714
P1200715
BB下ダイレクトマウントはネガ(調整しずらい、汚れる)もありますがフレームデザインの自由度が上がるので「快適に進む」という大きな利点が得られるのです。
※調整や清掃は自転車屋さんへお任せください→ネガ無し!

店頭に展示しておりますので、是非とも実車をご確認ください。なかなかのオーラを感じられると思います。

FELT FR5 :248000-















| | コメント (0)

より以前の記事一覧