« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013ツールド南さつま「海道八景めぐり」

「ツールド南さつま」に参加してきました
(9月23日開催)

鹿屋をam4:30に出発
※「マンバノリ」さん、「ふく太」さん、「Saka」さんと相乗りで

初めて予定通り、「5時半」の桜島フェリーに乗れました!

Dsc_0485

会場である 南さつま市役所には am7時頃到着
会場前の一等地に駐車できました

受付までの時間で、ゆっくりと準備をします。

続々と人が集まってきました。

Dsc_0488

受付が始まりました。 ゼッケンを受け取ります。

P1030107

開会式が始まりました。 沢山の参加者が集まりました。
580人ほど参加があったそうです。

P1030111

「さち」さんは60kmコースに参加です。

P1030110

海道八景コース(100km)、すんくじらコース(60km)
初心者・ファミリーコース(30km)の順でスタートします。

スターターは「南さつま市長」

P1030117

100Km のスタート

Dsc_0493

チアガールに見送られてのスタートです!
「頑張りま~す」

Dsc_0495

「写真撮影してる場合じゃないっつーの」
私もスタートしなきゃ

最初はゆるやかな上りを集団で走ります。

P1030120

徐々に道は狭くなり、山に入っていきます。

P1030123

最初の峠(標高約270m)

P1030124

下りの間隔を整理するためにストップが掛かります。

P1030125

ここを一気に国道270号まで下って

また、山道に入って 標高300mまで上ります

P1030126

ここ 「林道?」と思えるくらい、ガシガシ漕いで
上る坂道ばかりです

P1030128

27km地点でようやく、最初の休憩ポイント

「小原公民館」 正直、ここまでしんどかった

Dsc_0498

ここでは、「バナナ」「きなこ団子」「漬物」が振る舞われます

食べ放題です (食べ過ぎると気分が悪くなりますが・・・)

地元の方が準備してくださいます ありがとうございます。

錦江町自転車部の方々も参加されています

P1030132

「マンバノリ」さん、怪我から復活です!

Dsc_0497

リフレッシュしたので出発です

P1030134


一気に坊津まで下ります

ここから海岸線が始まります。国道226号に入り
アップダウンが厳しく続きます。

写真を撮る余裕がありません・・・

※景色は素晴らしく良いです


49km地点 「九志地区公民館」が第二休憩ポイント

Dsc_0502

ここでも暖かく出迎えていただきました

Dsc_0500

有り難いことに、エアーサロンパスのサービスも!

気温が高く徐々に体力を削っていきます

まだ、半分しか走っていません



「よっしゃ~ 行くぞぉ~」と、自分を奮い立たせます

この先も、海岸線のアップダウンが続きます

写真を撮る余裕がありません・・・

※景色は素晴らしく良いです(リピート)



75km地点 「野間池後浜」 第三休憩ポイント

ここが目的地と言ってもよいでしょう。

素晴らしい景色が広がっています。

でも、写真は休憩場の風景のみ・・・・

Dsc_0504

ここでは、「おにぎり」「つけあげ」「漬物」等々が
振る舞われます。

ハンガーノックにならないように口に詰め込みます


ここから残り25km、この坂を上りきれば平坦基調に

P1030136
先が見えるのってイヤですよね・・・


大浦干拓までくると、残りはほぼ平坦なんですが

向かい風が強い おまけに、桜島の灰も

「きいてねーよー」と、1人でキレテました


なんども、太腿が攣りそうになりながら、なんとか
南さつま市役所までもどってきました

P1030140

「もう、走らなくていいんですね」

すでに時は、15時半を過ぎていました
(そりゃ、休憩時間が長かったもんね)


ゴール後の完走チェックを行い「お弁当」を頂き
ました。

Dsc_0505
記念撮影する人の後方には、桜島の火山灰が
迫っていたのでした。
(南さつまではめずらしいドカ灰でした)

「海道八景めぐり」には、ヤラレマシタ

来年はもう少し景色を楽しむ走りをしたいです

加世田の温泉「いろは館」で汗を流してから帰路に
つきました。

参加されたみなさんお疲れ様でした。
そして、主催者ならびにスタッフのみなさん有難う
ございました。

来年も参加します

| | コメント (0)

MTB4時間耐久in木城のエンントリー始まる!

MTB4時間耐久in木城のエンントリーが始まって
おりました!

以下、ユニバーサルフィールドのHPよりコピー掲載
http://uf-gp.com/kijo4tai/overview/

開催期日
2013年11月3日(日)

申込締切
2013年10月18日(金)

会場・コース・アクセス
木城町川原自然公園 特設コース

主催など
[主催] 木城町若者連絡協議会
[協力] ユニバーサルフィールド、Playing Factory Mitsui

参加資格
小学生以上の心身共に健康な方
※20歳未満の場合には保護者の同意が必要
※小学生、中学生の部で参加される方は、参加者全員の
年齢を証明できる物(保険証・学生証など)のコピーを受付時
に提出頂く必要があります。提出頂けない場合は一般参加となります。

競技項目
オープンクラス ソロ / ダブル / トリプル / クワット
ウィメンクラス ソロ / チーム
キッズクラス ソロ / チーム
表彰は各クラス3位までに賞状と副賞を授与
*表彰の他に、参加者全員にチャンスのある抽選会等があります。

150チーム(予定)

参加料
大人 4,000円 中・高校生 3,000円 小学生 2,000円
参加費にはスポーツ障害保険を含んでいます



●チームフロッグサイクルのみなさんへ●

チーム編成をおこないますので、チームで参加されたい
方は連絡ください。(ソロのかたは直接申し込みください。)

●これから始めたい方へ●

まだ準備は間に合います。興味のある方はご相談ください。

昨年の模様は↓

http://frogcycles.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/4-67a1.html

MTBの登竜門的な大会です。この機会に友達を誘って参加して
みませんか?

エントリー向け2014年モデルMTBも続々入荷中です!



| | コメント (2)

明日はツールド南さつま

明日9月23日(月)秋分の日 「ツールド南さつま」が開催
されます。

今回は、「参加者」として参加です。

したがいまして、9月23日はお店をお休みいたします。

ここのところ、100kmという距離は走っていない・・・
おまけに、体重も増えて・・・

でも、なんか楽しみなんです! 朝4時半出発だけでど
「ワクワク」してるんです。(みなさん寝坊しないように!)

明日は、南薩の素晴らしい景色を満喫してきます!



| | コメント (0)

GT-FELT展示会

フェリー「さんふらわー」で大阪で行われた展示会に行って
きました。

2014年「GT & FELT」のハイエンドモデルお披露目です。

注目したいモデルをご紹介

「GT」
アサートンレーシングと契約して2年目のGTは同チームと
共同開発した「FURY」でWCDHで好成績を収めています。

現時点でのベストDHマシンと言っても過言じゃありません。

P1020903

新型I-DRIVEはDHマシンながら「鬼漕ぎ」ができる!

ロングトップチューブ+低重心+I-DRIVE+ヘッドアングル

トップレーサーのノウハウがギッシリのバイクです。

P1020907

P1020905

最速マシンが ¥281,000(税込 フレーム)!

完成車は「FULY EXPERT」

P1020900

¥491,400(税込)

オールマウンテンの「FORCE」がフルモデルチェンジ
ホイルサイズを27.5インチとし、新型サスペンション
「AOS」を搭載してデビュー

P1020895

※国内は完成車の設定は無く、フレーム販売のみ写真の
  マシンは本国仕様の完成車

AOS=「アングル・オプティマイズド・サスペンション」
直訳は「角度を最適化するサスペンション」この角度とは・・・

後輪が路面のギャップを乗り越えるときの後輪の軌跡(角度)
をあらわすらしい

「旧FORCE」のI-DRIVEもハイピボットでギャップを通過する時に
後輪が引っ掛かるような感覚はなく「前へ押し出す」ような
感じだったのが、「AOS」では、さらにハイピボット化してより「角度」
が後方へ傾いた設計となり、よりスムーズな走破性能を実現した
そうである 

ハイピボット化すると通常はBB-ハブ軸間距離が変化してチェーンを
引っ張るような力が働き、これがキックバックを引き起こすが・・・
「PATHlink」なるロッカーアームにBB軸を設けることによりBB軸間
距離を一定にしている + 剛性UP

ボビング感はI-DRIVEより若干感じますがロスにはならないそうです

下手な説明より、動画を観れば良くわかります(+_+)





 

会場の外で試乗してみました

フラットなコンクリート上での試乗なので参考にはなりませんが・・・・
旧FORCEに比べると、明らかに下りに振った感じです。
寝たヘッドアングルと、よりシナヤカニなった足回り

「ガレガレの山で乗ってみたい!」=エンデューロなんですね

そんな気にさせるバイクです。

同じコンセプトの「SENSOR」は、前モデルの120→130mmストロークUP

日本の里山では、この「SENSOR」が丁度よいのでしょう。

「SENSOR CARBON EXPERT」
P1020915

「SENSOR ELITE」 アルミモデル
P1020913
\344,000(税込)

今年の色は ブラック&グリーン が主流(GTも)

P1020926

「FELT」
ツールドフランスで4勝をあげた「アルゴスシマノ」に供給
しているFELT、最近、露出度UPしてます。

2014年はエアロロードが熱い!
「AR」シリーズはフルモデルチェンジ

前作はエアロらしく・・・ 少し重量が重めでしたが、今度の
「AR」は、軽くて、さらに空力を突き詰めました!

前作AR比 14.7%のドラッグ(空気抵抗)削減

「AR4」 6800アルテグラモデル
P1020997

P1020999

ホイル周りのエアロデサインにこだわりを感じます

リアタイヤとのクリアランスを極限まで詰めて、シートチューブ
にはリップがついている。
P1030003

余分な造形がないのもFELTの魅力
P1030008

フォークも薄いですよぉ
P1030009

VGOというシートポストは前後入れ替えで72.5度から78.5度に
変更できる。 これにより、すぐにTTポジションに変更可能!

リアブレーキはBB下に配したダイレクトマウント採用

P1030012

¥375,900(税込)

「AR5」 シマノ105搭載モデル

P1030013

P1030015

P1030014

¥281,400(税込)

昨年までの、「F1」「AR1」という名称はなくなり

「F-FRD」「AR-FRD」と改称

FRD=FELT Racing Development

要は、プロ仕様の特別モデル(最高の技術を搭載)

残念ながら写真なしです・・・・

他にも、紹介できない魅力的なモデルが沢山ありました。

ご来店いただければご説明さしあげます。(カタログ有り)





| | コメント (0)

明日は営業いたします

9月15日(日)は第三日曜日で定休日ですが

営業時間を変更して営業いたします。

営業時間: 13:00~19:00

宜しくお願い致します。

| | コメント (0)

9月おはようサイクリング

かなり涼しい予定でしたが・・・

なんか、予想より 蒸し暑い

それでも、日差しがいくぶん柔らかくなってます

空には、うろこ雲が

P1020862

波見までは自転車道を流します

P1020864

今日のメンバー 活きがよいので 少し心配です・・・

なにがって

「ついてけないからです」

波見で休憩して、ここから「フリー走行」です。

お約束で、最初の坂の入り口までは、私が引きます
※Mさんがいれば、Mさんが引きますが・・・ 持病再発との
  ことで、暫くはドクターストップのようです。

P1020865

坂の入り口到着  ハイ  お仕事オシマイ!

サイナラ

P1020866

一人旅です。

でも、今日は 「タイヤが新品GP4000S」なので良く走ります!

一人抜き、二人抜き・・・ 流石にIshiさんには届きません

展望所到着

P1020876

「コーラ、コーラ」

P1020877

ここからダウンヒルで内之浦へ

P1020882

国見峠へ向かいます

P1020885

コンビニで、また休憩して 「おしゃべり」

そして、国見峠へ

お約束で、最初の坂の入り口までは、私が引きます
※Mさんがいれば、Mさんが引きますが・・・ 持病再発との
  ことで、暫くはドクターストップのようです。 リピート

P1020887

一人旅です。

でも、今日は 「タイヤが新品GP4000S」なので良く走ります!
リピート

今日も、自分なりに 「ガチ」で走りました。 おしまい

P1020889

しめの、「ガリガリ君」 ソーダ味しかなかった・・・










| | コメント (8)

初秋の林道

先週の話ですが、涼しくなったので林道へ出かけました

8月の暑さでは、とても山に行く気がおきませんでしたが
少し暑さが和らいできましたので・・・・

ウズウズしてきました

いつもの田代方面の林道へ

P1020823
(自走じゃないです)

山には秋の気配が訪れておりました

P1020831

夏の間に伸びた草が行く手を阻みます

P1020839

P1020848

あまり展望のある林道ではありませんが
時々、良い景色に出会います。

P1020850

いつもここに、ドロドロの水溜りがあります。

P1020851

でかい岩が崩落してました

P1020853

調子こいて下りで楽しんでいたら・・・・
パンクしました

P1020857

シーラントも効かない穴があいてました。

P1020856

修理も、また楽し!


最近、よくパンクするなぁ・・・ 下手クソになってる??


いやいや


タイヤのせいだ、タイヤ換えよっかなぁ!

 






| | コメント (2)

Praxisworks コンバージョンBB

BB30/PF30にシマノクランクを取り付けるための
変換アダプターや変換BBは各社からでています。

しかし、変換BBは、脚力のある人ほど音鳴りやズレが
発生することが少なくありません。

特に嵌合長の短い変換BBを使用した場合に顕著に
発生するようです。

対策は色々あるのですが・・・・

今回、ご紹介するのは話題の商品

「Praxisworks コンバージョンBB」

P1160396
向って左がドライブ側(チェーンリング側)

ハウジングがコレット構造になっており、ドライブ側を
締め込むと反ドライブ側から延びているスリーブが
径方向に広がりドライブ側のBB穴(フレーム)をガッチリと
密着する。

P1160398
ドライブ側のハウジング拡大

◎BB30フレームへ取付け

BB30のベアリングを抜き取ります。
※ベアリングをハンマーで叩きだすような野蛮なことは
しません。

P1160411

ネジで優しく押し出します♥

P1160412

この工具 最高です! 防水スリーブの入ったPF30も
苦労せずに外せます♥

反ドライブ側のハウジングは圧入します。

P1160418

ドライブ側を締め込みます

P1160420

シマノBB互換ツールを左右に使って締め込みます。
(写真なし)

ハウジングどうしが密着するまで締め込みます。
(相当なトルクが必要です)

※フレームのBB巾精度によってはドライブ側のフランジ面が
  BBフェースに密着しない場合あり。

今回のフレームは密着しました。(汗)

反ドライブ側のパッキンで多少の誤差を吸収してくれるとの
説明ですが、あくまでも化粧パッキン(目隠し)と思われる。

コレット構造の為、BB幅やBB内径の精度に取付具合が左右
されることを考慮して組み付けるのがポイントです。
(反ドライブ側の圧入深さもポイントです。)

相当、ガッチリと装着されたので実走後の評価に期待したいです。













| | コメント (0)

おはようサイクリング予告

8月の猛暑が嘘のように9月に入り過ごしやすく
なってきました。

アウトドアスポーツには最高の季節到来です!

というわけで、今度の日曜日は「おはようサイクリング」
です。

今のところ天気は曇りですが・・・

集合場所:鹿屋鉄道記念館
スタート時刻:am7:30

| | コメント (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »