« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

MTB耐久レースのメンバー

今週末は「MTB4時間耐久in木城」が開催されます。

今回のメンバーは11人

ダブル×1組 (けんさん&マスター)
トリプル×2組(ふく太さん&ばたばたさん&モトさん)
 
         (マンバノリさん&ぐっさん&いずみさん)
KIDS×1組(

残念ながらコテージをとり損ねたので、今回の前泊は
MTBイベントらしくキャンプです

さて、前夜祭もガンバリマスか

今回は子供チームを結成できたことが嬉しいです
大人の初参加も3人

おおいに楽しんじゃいましょう

※お店は 11月3日、4日 臨時休業いたします。

| | コメント (4)

営業日のご案内

10月30日(火)は臨時休業いたします。

ご迷惑をお掛けいたしますがよろしくおねがいします。

なお

11月1日(木)は振替営業いたします。

11月3日(土)、11月4日(日)

「MTB4時間耐久in木城」へ参加のため休業となります。

| | コメント (0)

甫与志林道

昨日は定休日でした。

木城に参加するMTB初心者を、立派なMTB’erにすべく
林道に向かいました

二股にある「甫与志林道」

今回の初心者は「チーム ランドマーク」のお二人

社長の趣味に付き合わされて

今回、2回目のMTB走行ということなので
林道近くの広場をお借りして、基本練習

マンバノリさん、けんさん にお手伝いいただきました

「スタート&ストップ」「八の字」「キャンバー」等々を練習
飲み込みの早いお二人でしたので、すぐに卒業

「さあ、いざ林道へ」

ここが「甫与志林道」の入り口

P1010105

入り口にある「犬神」様を参拝します
「無事で帰れますように」

P1010106

フラットなダートが始まります

P1010107_2

練習の成果か? 余裕の笑みがこぼれます

P1010110_3

途中、休憩を挟みながら

P1010113

「清純の滝」に向かいます。

P1010120

ここから、シングルトラックです

P1010122

人生初のシングルトラック

余裕でクリアしていきます さすが疑惑の初心者
の一味でした

P1010126

P1010127

P1010128

P1010129

そして、「清純の滝」に到着

P1010135

P1010139

ここで、お昼休憩

自然の中で食べるお弁当は美味しい

しばし休憩して自然を満喫します

そして、もとの林道へ戻ります。

P1010142

P1010149

林道へ出たので、このまま入口へ戻ろうかと
しましたが、せっかくなので林道の終点までいく
ことにしました。
(けんさん曰く、すぐそこだから・・・・)

しばらく走りました

P1010153

でも、達成感が味わえたのでは

「甫与志岳登山道」の入り口です。

P1010154

そして、来た道を帰ります。
帰りはダウンヒルです

新しいフロントサスをインストールした「けん」さんは
喜びを隠しきれずに・・・・ 消えていきました

「FOX 32FLOAT120 CTD Remote 9MM QR」

Dsc08271

Dsc08273

かなりお気に入りの様子でした

さて、ご一行は・・・

P1010156

P1010157

P1010158

みなさん楽しそうです

距離にすると、8km未満のコースですが変化があって
難易度も高くなく良いコースでした

これで、「免許皆伝」

11月4日の木城4時間耐久レースを楽しんでください















| | コメント (4)

佐田林道・大鹿倉林道

今週の定休日も林道探索

今回は照葉樹の森周辺の林道に出かけました。

「佐田林道」と「大鹿倉林道」
予想通り、台風が通過して雨があがりました

車にMTBを積み込み 田代方面へ

照葉樹の森へ向かう県道563号に車を進めます。

「大鹿倉林道」入り口に車を駐車して準備をします。

P1000911

ここから「大鹿倉林道」には入らず、「佐田林道」に
MTBで向かいます。

県道563号を辺塚方面へ向かいます

P1000913

3kmほど走ると南大隅町との町境に入り口があります。

P1000915

ここから県道68号まで「佐田林道」を走ります。

序盤は下り基調でフラットな路面が続きます

P1000920

途中、少し荒れた路面が出てきますが走行には
支障がありません、しかし・・・
交通量が極端に少ないので樹木や草に飲み込まれて
いる区間もあります。

P1000925

猪がでそうな場所だ
と、思ったら・・・
やはり、いました  けっこうでかいのが

P1000937

今回は「鈴」を付けて行ったのですが・・・
猪くん、気づいてくれません

直前で気づくので、お互いビビリます

いつも、猪くんが谷側へもう突進して転げ落ちていきます

ゴメン

この林道で、2回遭遇しました

展望もあるので、辺塚の港がみえます

P1000948

ススキのトンネルもありました

P1000957

展望のひらけたところで休憩
ここからは除草がされているので走りやすいです。

P1000960

P1000965

P1000969

P1000974

快適な下りを走ると、県道68号にでます。
ここで「佐田林道」は終了 約9.5km


P1000990

ここから県道68号でトランジット

「木場岳登山道入り口」の看板を発見

P1000998

ここから「大鹿倉林道」が始まります。

P1010001

登山客が通る道なのでフラットに整備されています。
(最初のうちは・・・)

P1010010

でも、進むにつれて道が荒れだします

P1010020

でも、快適に走ることができます

「木場岳登山道入り口」

P1010023

ここまでは、準フラットな路面ですが、この峠を越えると

P1010026

道が少し悪くなってきます

P1010032

雰囲気的に・・・・ 出そう

やっぱり、猪くんが出現 それも・・・ ウリ坊連れ
刺激しないようにして逃げてもらいます

ブラインドコーナーの先に神経を使います

P1010034

途中、伐採作業をしている横を通らしていただき

P1010046

車を停めた場所に戻ってきました

P1010052

県道68号入り口から県道563号出口まで
約9kmの道のりでした。

トータル 約25kmの周回路を楽しみました

| | コメント (0)

新車情報

TIMEの完成車が発売されるようです。
手に入れやすい価格が魅力です。

今後の情報は要チェックですね

http://d.hatena.ne.jp/dinosaur_blog/20121011/p2

ORBEAのTT/TRバイクのORDU(オルドゥ)
シルバーの完成車が発売されるようです。

これも魅力的です
http://d.hatena.ne.jp/dinosaur_blog/20121013/p1

| | コメント (0)

おはようサイクリング レポ

本日の「おはようサイクリング」無事終了

みなさんお疲れさまでした

久々に参加の「M」さんに、「ふく太」さん、「ばたばた」さんの
顔色が変わります

Dsc_0106

今回は、9名で走ります

血の気の多い、4名は霧島ケ丘のオプションで
脚を使ってもらいます その他の人は、野里から
高須へ抜けます。

神川ローソンで休憩

Dsc_0108

錦江町役場手前から田代へ向かいます
登りが得意な人が活き活きとしてきます

田代 「くまさきストア」で休憩

Dsc_0109

中央線で鹿屋まで帰ります

アップダウンはあるものの全体的に下り+平坦の
比率があがってきます

下りと平坦が好きな人が活き活きしてきます

段にて休憩

Dsc_0110

吾平を経由して川西ファミマに到着

60km弱のルートでしたが・・・・
みなさん、お腹いっぱいの模様でした

みなさん、頑張りすぎです

それでは、また来月の「おはサイ」でお会いしましょう

| | コメント (4)

万九朗林道&荒西林道

昨日は定休日でしたので林道へ出かけました。

この日の目標は

「行ったことのない林道を走る」ことでした。

距離的には30km程度と決めていたので地図とニラメッコ
して決めたのが・・・

肝属郡錦江町田代にある
「万九朗林道」と「荒西林道」



地図的に行きと帰りが違うルートで走れそうだったからです。

「でんしろうの森」に車を止めて走り始めます。

P1000785

P1000786

藤山神社に山での安全をお願いします。

P1000789

雄川の川沿いを上流に向かって走ります

最初は走りやすいフラットなダートが続きます

P1000795

P1000802

荒西林道の看板があります。

P1000807

ぐり石が多い路面が現れます。
目が詰まっているので、わりと走りやすいです。

P1000811

林間や展望が開けるところが交互に現れるような
区間が続きます。

P1000812

こんな山奥に電線がはしっている??

すると、突然・・ 舗装路面が現れて展望が開けます。

P1000815

でも、この舗装路100mくらいしかありません

よっぽど酷い路面だったんですね

ダートが始まったと思いきや・・・
路面が荒れてきました

P1000820

突然、人工的な建物が

「田代地震観測所」 だから電線があったのですね

P1000821

ここから先は・・・ ほぼ「廃道」に近い状態が・・・

P1000824

自転車に乗れない

P1000828

なんとか、押しながらこの区間をクリアすると

分岐点が現れました。 地図でチェック!

左が「万九朗林道」、右が「荒西林道」

左の「万九朗林道」に進みます。

P1000830

ここが今回のピーク地点です。(荒西山の麓)

なだらかな下り道を走ります。

P1000832

すると、立派な舗装路が現れます。

P1000839

「万九朗林道」のほとんどは舗装路です
(これは事前調査すみ)
せっかく上ったのに、舗装路の下りとは

県道542 高山岸良線にでます。

P1000843

高山岸良線を岸良側へ下り、「湯の谷温泉」で左折

P1000844

久保田川沿いを上流に向かって走ります。

P1000848

荒西林道の看板を発見

P1000850

丁度、お昼の時間になったので、昼食タイム

川の淵に下りれるところがあったので・・・

P1000852

いいところです

P1000857

ヘルメットに蜘蛛の巣が・・・ へんな木の実が・・・

P1000861

昼食食べて、元気がでたので、また走ります

P1000862

快適な道が続きます

P1000872

すると人工的な建物が・・・
発電所です。

P1000870

予想通り、良い道はここまでです

P1000878

だんだん荒れてくるのですが、まだ快適です。

営林署の小屋を過ぎたあたりから斜度がきつくなり
頑張って走ると・・・・ 展望が開けました

P1000895_2

向こうに見える山沿いを走ってきたということは・・・
まだまだだなぁ

気を取り直して先に進むと・・・


こんなところ走れん


P1000898

ソールの硬いXCシューズを履いてきたことを
後悔しました

「ブリブリ」独り言を言いながら進みます。
でも、なかなか道は良くなりません

P1000896

なんとか難所を抜けて、乗れる区間になりました。

P1000899

腰が少し張ってきたなぁ

と、思った矢先に、元の分岐点に到着

P1000900

ここを左に進んで来た道を戻ります
ここからは

ダウンヒル

でも、けっこうガレてて引っかかります

P1000903

さすがに乗用車はだめでしょ

P1000905

キズだらけのホイルキャップが哀愁を誘います

なんとか無事に下りきりました

P1000906

いや~ 疲れたね

でも、楽しかった

この林道は通行禁止ではありませんが一般道とは
異なり、危険な道路です。また、山で仕事をするための
道路ですので迷惑にならないように配慮が必要です。








































| | コメント (0)

おはようサイクリング

今度の日曜日は「おはサイ」です。

天気は良さそうです

今回のルートは

鹿屋鉄道記念館~野里~高須~錦江町~田代
~吾平~川西~鉄道記念館



7時スタートです

休憩ポイント
①神川ローソン
②田代くまさきストア
③段展望台
④川西ファミマ

| | コメント (1)

LITEC FOX LEON-BIKE MAGRA KADOWAKI 展示会

だいぶ時間が経ちましたが、ようやく記事に
することができました。

愛知県新城市作手白鳥
「鬼久保ふれあい広場」にて合同展示会がありました。

「LITEC」「FOX」「SARACEN」「MAGRA」「LEON BIKE」他
のメーカーが集まって実際にトレイルで体感できる展示会
です。

P1000416

ここ作手村は、MTBで村おこしをして話題となった
村です。 出展者である鎌苅夫婦が中心となって
作出村を日本一のMTB村に育て上げました。
http://www.salonedelmonte.com/tsukudemtb.html

そんな最高の環境で展示会が開かれました。

この会場内にも無数のトレイルが作られておりました。

P1000493

下り系の試乗には

「くらがりトレイル」が会場から車で10分(飛ばして・・・)
先導してくださった、鎌苅さんの軽バンを必死に追いかけて
ようやくたどりつきました

P1000472

有料トレイルで「くらがり渓谷観光案内所 」で
チェックイン! 1500円で一日走れます。
http://www.26ism.com/

今回は軽トラックで搬送してもらいました

P1000446
運転手は平井さん。
とても優しいお父さんでした

P1000448
最年長なのでVIP席で移動

みなさんは・・・・

P1000447

ここでは

LITEC  26 AMフレーム 「HASSO」
LITEC 26 チタンフレーム試作車
SARACEN MYST PRO
SARACEN 14X

下り系の試乗車を乗り回しました。

P1000453

P1000455

P1000475

P1000480

P1000484

P1000489

P1000490

P1000479

このトレイルではフルサスは少し持て余しぎみです
ので、一番乗って楽しかったのは

LITEC 26 チタンフレーム試作車でした

午前中は「くらがりトレイル」を満喫して
午後は会場に戻って各社のプレゼンテーションを
聴きます。

その前に・・・

「LEON BIKE 」の試乗に
フランスのSUNN、COMMENCALのエンジニアや
デザイナーと日本人が組んだブランド
ヒストリー:http://www.leonbike.com/category/history/

P1000498

P1000410

P1000411

P1000412

P1000413

乗り味は、普通のクロモリバイクを想像すると裏切られる。
非常に硬くてバネ感のある乗り味です。
軽いギアではうまくペダリングできない。ある程度トルクを
掛けたペダリングをすると進んでくれる。

「男のバイク」だ!

乗りこなすのは難しいぞ!

「LITEC QUE」 29インチカーボンHT

一度試乗したことがあるがトレイルでは初めて。

P1000499

これがしなやがで良く進むんです
軽快な走りは29インチであることを忘れます。
さすがに、細かなコーナーは苦手ですが、それ以上
の魅力があるバイクです。

P1000440

その他のメーカー

「MAGRA」
ドイツのブレーキ&サスペンションメーカー
展示&技術講習会を開いてくれました。

目玉はロード用油圧ブレーキ
「RT8TT」
サーベロ社と共同開発のTT用エアロ油圧ブレーキ

P1000418

単品でも購入できます。

P1000420

前後セットで¥66,150

P1000421

P1000424

「カドワキコーティング」
有名な塗装専門メーカー
紛体塗装で強固で美しい塗装が魅力
モータサイクルのカスタムペイントでも有名です。

P1000443

暴動が起きたわけではありません・・・
塗膜の強さを証明するデモンストレーションです

P1000505

P1000506

「FOX RACING」
MTB用ウェア
元々、MXウェアのブランドですが、MTB用アパレルも
展開しています。
ヘルメットやプロテクター、ゴーグルも人気です。

P1000503

P1000441

ランチも美味しく、満足した展示会でした

おっと、あくまで仕事ですから


























| | コメント (0)

シマノカスタムフィット

シマノカスタムフィットシューズ熱成型対応店に
なりました

P1000773

ようやく、一人前のお店(?)になりました

自分用のSH-M315Eでカスタムフィット

熱整型される部位は
・インソール (足裏)
・アッパー  (足の甲)
・ヒール   (かかと)

最初にインソールだけををオーブンで加熱して
加熱後、シューズに戻してペダリング姿勢で体重を
掛けた状態を維持して硬化させる。

この状態でも踏こみのフィット感は向上
※カスタムフィット非対応シューズでもカスタムフィット
  インソールだけ購入すればプチ・カスタムフィットに!

次にシューズをオーブンで加熱
加熱後、シューズを履いてビニール袋に足を入れて
真空ポンプで真空引き

想像以上に強烈な吸引力 足が少し痛いくらい

これで、世界に一つだけのシューズに変身

フィット感は抜群です

これで、ペダリング効率が1割程度UPか

SDA王滝の前に間に合わせたかった

8時間切りも夢ではなかったのにぃ
(シマノの人に、それは無理と言われましたが・・・)

現状のシューズに満足していない方は試してみる価値は
あると思いますよ

| | コメント (0)

セキヤヒルカップ&木城MTB4時間耐久

気を抜いていたらイベントの申し込みが色々
始まっていました


「セキヤヒルズカップ」マウンテンバイク2時間耐久レース

10月28日(日)
熊本県玉名郡南関町「セキヤヒルズホテル」敷地内
常設MTBコースにて

毎回参加しているこの大会ですが、初心者から上級者まで
楽しめる素晴らしい大会です。

前回大会の模様
5月
http://frogcycles.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-1430.html
昨年10月
http://frogcycles.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-6d0c.html

申し込み期日 10月20日 (80組に達したら締切)

「MTB4時間耐久in木城」

11月4日(日)
宮崎県児湯郡木城町 川原自然公園内
常設MTBコースにて

これもまた毎回参加している大会
アットホームで敷居の低い初心者でも安心して参加できる
大会です。

前回大会の模様
http://frogcycles.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-da16.html
7月大会
http://frogcycles.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-c599.html

申し込み期日 10月20日 (120組に達したら締切)

現在の参加を匂わしている人

セキヤヒルズ: マンバノリさんご一行

木城4時間 : けんさん一家、ふく太さん、ばたばたさん、モトさん(?)

その他、参加を検討している方はご一報ください。
チーム編成等の調整役をやります

| | コメント (1)

SHIMANO DURA-ACE 9000

シマノフェスティバル(販売店向け展示会)に参加
してきました。

今年の目玉は、フルモデルチェンジを行った

「Dura- Ace 」です。

すでに雑誌やネットで詳細記事が特集されておりますが
実物を見るのは今回が初めてでした。

7900系(現行)の20速から9000系(NEW)は22速に!
全てのコンポーネントが画期的にゼロから新設計

P1000693

残念ながら変速性能は確かめられませんでしたが
ブレーキ&変速レバー操作は明らかに軽快になって
おりました。

FC-9000 クランク
キア固定ピッチ径はPCD110mmに統一
アウターは55T~50T、インナーは44T~34T
※組合せはグループで決められています。

P1000651

P1000691

SM-BB9000
ベアリング球を小径化して軽量化
ハウジングの外形が小さくなるので専用工具が
必要 TL-FC24(アダプタ):BBに同梱

ST-9000 STIレバー
さらにコンパクトで握りやすくなったブラケット

P1000611

ブレーキはNEW-SLR-EV(エボリューション)
ブレーキキャリパー+ケーブルとの組み合わせで
7900比-36%の操作力低減

BR-9000 ブレーキキャリパー
左右対称デュアルピポッドキャリパー
2ベアリング1ローラーで操作力低減と高剛性を
実現

P1000622

P1000648

P1000702

RD-9000 リアディレーラー
スプリングとケーブルルート見直しで操作力低減
LOW側での操作力を激減させた。
徹底的にケーブルルートを改善させたようです。

P1000614

P1000615

すこし外への飛び出しが大きくなっているので注意

FD-9000 フロントディレーラー
リアディレーラー同様にスプリングとケーブルルート見直し
特に、ケーブルルートには執拗なこだわりが・・・

P1000613

ケーブルアッセンブルコンバーターなるフレームに
よるケーブルルートの影響を最低限にするために
ケーブルクランプ位置を補正するクランプ機構を採用

FD-7970やFD-6770で採用されたサポートボルトも
機械式FD-9000に採用された。

SC-9000 カセットスプロケット
11-10はアルミスパイダーアーム
9-7はカーボンスパイダーアーム

P1000664

9070 Di2
9000系の電動も発表

P1000693_2

ST-9070

P1000627

RD-9070

P1000652



P1000655


P1000653

6770系のデジタル化を進化 E-Tube
コンパクトになっています。

FD-7090

P1000649

P1000650

ワイドリンク化したわりにはコンパクトになっている

※多段変速の設定がファームウエアで可能となっている。

  多段変速の段数を設定できる(長押し時の変速段数)
  一気に11段の設定も可能

※多段変速のタイミング設定も可能

  1-2-3段と1段ずつ多段変速するか、一気に1-3段
  変速するとか

  好みでカスタマイズできるようになっていらしい。

9000系の紹介はここまで

※BR-9000とST-7900、6700、5700、4600、3500の互換性
  はあります

※9070Di2と6770Di2の互換性は、バッリー、ケーブ、SW以外は
  ないようです。 
 






















| | コメント (2)

営業日のご案内

10月3日(水)福岡のシマノ展示会へ出席のため
お休みいたします。

10月4日(木)は振り替え営業いたします。

宜しくお願いいたします。

| | コメント (2)

2013 GT&FELTハイエンドバイクショー2

GT&FELTハイエンドバイクショーのレポート

「FELT」
今年はアルゴスシマノに機材供給し先のブエルタ
でも大活躍のFELT
国内は、シマノレーシングで採用されています。

ピュアレーシングモデル 「Fシリーズ」
一切の無駄を排除したフレームデザインはシンプルで
軽量に仕上がっています。

「F1」  \1,047,900
7900系Duraが組み込まれていますが、正式には9000系
P1000308

「F2」 \648,900
NEW SRAM RED搭載
P1000294

P1000295

「F3」 \449,400
電動アルテグラ搭載 フルアルテ!
P1000290

P1000292

「F4」 \312,900
アルテグラ搭載 FSA SL-Kクランク
P1000286

P1000289

「F5」 \207,900
105搭載 ブレーキキャリパーも105です。
なかなか良いカラーです!
P1000281

「F6」 \186,900
SRAM APEX搭載
P1000279

モデルチェンジとなった「Zシリーズ」
コンフォートロードの先駆けとなったZシリーズは
正常進化して登場!

より軽量で快適に!

「Z1」 \1,047,900
正式にはカンパレコードEPS
P1000264

「Z2」 \659,400
NEW SRAM RED搭載
P1000263

「Z3」 \480,900
電動アルテグラ搭載 
P1000260

「Z4」 \302,400
アルテグラ搭載 FSA SL-Kクランク
P1000259

「Z5」 \228,900
105搭載 MAVIC AKSIUM
P1000245

P1000251
BB30採用
グロスカーボンカラーも魅力的です。

「Z6」 \176,400
ティアグラ搭載
P1000240

P1000243


「Z5」「Z6」は2013シーズンの人気機種になり
そうな予感がします。

※「Z5」510サイズは入荷しました。

「charge BIKES」

ディストリビューターが代わってRPJさん扱いに。
当店も正規販売店になりました。

UKのスチールフレームを得意とする新興メーカー
クロモリのMTBやピストバイクが有名です。

フレームチューブは日本メーカーのTANGEを使用

29er HARDTAIL 「COOKER」

P1000193

P1000194
フレーム単品売りと完成車売りを選択できます。

Road 「JUICER HI」
TANGEプレステージで組まれたロードレーサー
ツーリングや通勤に快適な部品を標準装備

P1000196

P1000197

SingleSpeed 「PLUG」
TANGEダブルバテッドCr-Moチューブ

P1000213

入荷は来年初夏頃です。数量少なめですので
早めの予約をお勧めします。

他にも魅力的なモデルあり

パーツ関連で興味を持ったものを抜粋

「KCNC TTチェーンリング」

このデザインは凄いですね
P1000220

「KCNC Tiワイヤー」

P1000223

「A-CLASS ALX-888」 \141,750
88mmカーボンデープリム リアのみ 920g

P1000215

以上



















| | コメント (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »