« RIDLEY X-BOW | トップページ | きょうも仕事しています »

SDA王滝100km 2012秋 参戦記

セルフディスカバリーアドベンチャー・イン・王滝

      クロスマウンテンバイク100km

これが正式名称ですが、通称 「SDA王滝」又は「王滝」

年に2回開催される日本最長のMTBエンデューロレース。

今回は秋の大会  9月16日(日)に開催されました。

長野県木曽郡王滝村(ほぼ日本列島のど真ん中)

スキー場で有名な御嶽山の麓の村が会場です。

P1000013
松原スポーツ公園が会場&スタート地点

9月15日(金)の志布志発サンフラワーで移動
9月16日(土)大阪から名神・東名・中央高速を乗り継ぎ
16:00前に会場入り

すでに、受付には長蛇の列

P1000011

受付を済まして、会場のブースを見学

明日の補給食で固形のエナジバーをGET

駐車場に戻って、自転車や装備の準備を行います

P1000015

ウェルカムパーティ&コース説明会に参加

P1000024

20:00には車の中でシュラフに入って就寝準備

って、そんなに簡単に眠れません

ビールやチューハイを煽って明日のコースMAPを見ながら
妄想にフケリマス

21:00には ZZZ・・・ 

3:00にめざましが鳴ります
興奮しているのか、すぐに着替えを済ませます

暗い中、自転車に補給食を詰め込み、最終チェック

4:30にスタート地点に自転車を並べます

P1000031

暗くてよく判りませんが、適当に自転車を倒します。

スタートまで時間があるのでトイレに並んだり、装備の
準備や朝食を済ませます。

5:30にスタート地点にスタンバイ

P1000042

すっげ~ 噂には聞いていましたが・・・
見えないところまで自転車が並んでいます

私は、結構前の位置に並べていたようです

まあ、遅い人ほど前に並べる。 というのが私の
信条です 

6:00にスタート

先導車に誘導されながら、一団は舗装路を進みます

P1000046

5kmほど舗装路を走ると待望の林道へ

P1000049

CP1(第1チェックポイント)33km地点まで上りが
続きます

初めて参加するので、コースの状態や難易度が
判りません 自作のMAPとGARMIN頼りに探り
ながら走ります

P1000099

しかし、ガレタ上りでは時速が8km/hを切ります

P1000056


本当にCP1のタイム制限に間に合うのか

すでに、押したり、休憩したりしている選手がチラホラ

誘惑に負けそうになります

CP以外では止まらない と、心に誓いながら黙々と

クランクを回します

気が付くと・・・・ CP1に到着



P1000060

長かった

給水と補給食を摂取して、チェーンオイルをさして
すぐに出発

なんとか、CP1はクリア

厳しい上りは続きます

P1000062

P1000064

この辺にくると、周りにいる人が固定されてきます。

抜いたり抜かれたり

私の場合、上りで抜かれて、下りで抜き返す
この繰り返し

50kmから60kmが一番キツカッタ

P1000065

写真をとる余裕もなくなってきた

腰が痛い 本当に痛い 止まりたい

でも、止まるとオシマイだ 気持ちを奮い立たせて
前だけを見て、コツコツとクランクを回すだけ

何度とブラインドコーナーの先にCPの幻を見たことか・・

期待しない時間が長く続く

突然、コーナーの先にCP2が現れる 68km地点

P1000069_3

助かった

今回の装備で一番重要だと感じたのは

「エアーサロンパス」

張ってきた腰や大腿筋、腓腹筋に シューッ

生き返ります

このCPにも長居はできません、すぐにスタート

P1000070_2

CP2クリア

ここから、CP3までは12km モチベーションが上がります

でも、上りはキツイ

P1000074

そろそろ、ラインのトレース精度が下がります
余分な岩を踏みます ヨロヨロします

P1000073

先に極上の下りが見えます ウォー

あそこまで行くぞぉ

下り区間を調子よく走っていると、あっけなくCP3に

P1000085

エアーサロンパス補給をして、GTのスタッフの方に
ペドロスチェーンルブをたっぷりさして貰いました

CP3 80km クリア

ここまできたら、あとは下り区間(と、聞いていたが・・・)

心が折れそうなくらいの上りが待ち構えていました

P1000088

これがまた、キツクて長い 路面悪い
サイコンも不調で現在位置不明

でも、周りの仲間が

「この上りをクリアすると、あとはゴールまで下りだよ

と、モチベーション

下り区間は、ヤバイほどアドレナリンが出て

スイマセン  飛ばしすぎました

そして、待望のゴール

P1000092

やりました 完走です

タイムは8時間49分も掛かりましたが今回は満足です

体中が痛いですが、なぜか心地よいです

P1000096

準備さえすれば、だれでも完走できることを証明
できました

素晴らしい大会です。日本で一番長いMTBレース。

一度は参加してみませんか?

相棒の「GT FORCE 1.0」 ご苦労様でした

ノートラブルで走りきることができました

P1000102























|

« RIDLEY X-BOW | トップページ | きょうも仕事しています »

MTBレース」カテゴリの記事

コメント

滅茶苦茶凄いね!
もう、いい年なんだから無理せんごつ!!

投稿: ほら吹きイナズマ | 2012年9月25日 (火) 23時46分

お疲れさまでした。
なぜか無関係の僕の目からしょっぱいモノが流れてきました

投稿: しん | 2012年9月25日 (火) 23時55分

王滝お疲れ様でした!静岡のなるさんもいい成績で完走されたそうです。
この過酷そうな雰囲気、Mにはたまらないです(笑)
いつかMTBで走るようになったら、ぜひ参加してみたいイベントです!

投稿: うっしー | 2012年9月26日 (水) 09時08分

ほら吹きイナズマさん>私よりもっと先輩方が頑張っておられました。一皮むけた感じがしました しんさん>少し脚色しすぎたかなぁ でも、達成感のある大会には間違いありません。速い人も、遅い人も同じように過酷な大会ですから うっしーさん>是非、MTBの醍醐味を味わってみてください。ロードだけじゃ勿体ないですよ

投稿: フロッグマスター | 2012年9月26日 (水) 10時33分

いやー素晴らしいです。
9時間近くも漕ぎ続けるなんてちょっと信じられないですが、私も果てしない山間部を漕ぎ抜けてみたくなりました。
林道100kmノートラブルはさすがですね。
お疲れ様でした!

投稿: けん | 2012年9月26日 (水) 18時32分

けんさん、ありがとうございます。最初から完走が目標だったので、意外と景色を楽しむ余裕(?)がありました。空の青さが印象的でした 下りの長さも絶品ですので楽しめますよ!

投稿: フロッグマスター | 2012年9月26日 (水) 20時59分

MTBが欲しくなってきま………

投稿: ゴルフ部主将 | 2012年9月26日 (水) 21時46分

お疲れ様でした。
写真も沢山撮られて王滝を満喫出来たみたいで何よりです。
御嶽山と貯水湖、遠くに見えるコースの景色が素晴らしいですよね。
私も前回は体のアチコチが痛くなりました。
でも、また参加してるのは何故なんでしょう?w
また来年の参加お待ちしております。
うっしーさんも早くフロッグサイクルさんでMTB買って参加してくださいねw

投稿: なる | 2012年9月26日 (水) 22時50分

なるさん、6時間台で走ることが出来る人は素直に尊敬します 素晴らしい成績でしたね 7時間以下の世界は知知りませんが、8時間以降の世界もまた楽しいものがあります。だから、あんなに沢山の人が参加するのでしょうね またお会いしましょう!

投稿: フロッグマスター | 2012年9月28日 (金) 18時20分

ゴルフ部長さん、「うちのじっさまが、言ってました~ 門を叩け、されば開かれん」by 梅ちゃん先生の光男君 

投稿: フロッグマスター | 2012年9月28日 (金) 18時23分

王滝で検索してたどり着きました。やはり王滝は大変そうですね。
でも一度は参加してみたいですね。
完走したのはほんと凄いですね。(^^)

投稿: 中原 | 2013年5月 2日 (木) 07時07分

中原様>小生、メタボな中年ライダーでも完走できました。楽しく安全に走るためには、それなりの準備が必要ですが、その準備期間もまた楽しいです。是非ともチャレンジしてください。応援致します!コメントありがとうございました。

投稿: フロッグマスター | 2013年5月 2日 (木) 18時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« RIDLEY X-BOW | トップページ | きょうも仕事しています »