« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2013 GT&FELTハイエンドバイクショー

GT&FELTハイエンドバイクショーのレポート

「GT」
2012年はアサートンレーシングと契約し一気に
下り系レースシーンの台風の目になったGT

2013年D系ラインは熟成の年

「FURY WORLD CUP」はフレーム販売のみ

P1000324

「FURY ALOY」がバリエーションを増やして手軽に
DHを楽しめるようになりました。

「FURY ALOY 1.0」
P1000330

「FURY ALOY 2.0」
P1000333

「FURY ALOY 3.0」
P1000337
¥315,000で本格的なDHバイクが手に入ります。

「RUCKUS7」は廃版

「FORCE」
登れるオールマウンテンバイクとして人気の髙いモデル
SANCTIONが廃版となりFORCEに吸収されました。

ダン・アサートン モデルである「FORCE LE」のフレーム
は「SANCTION」ですね。

P1000340

「FORCE CARBON PRO」フレーム
ロウカラー

P1000348

アルミのFORCEは3モデル

「DISTORTION」は、1.0が無くなり2.0と3.0
スロープスタイルモデル

P1000374

「SENSOR」
オールマウンテンXC系モデル
29インチ化が加速
29インチ×4モデル 26インチ×2モデル

P1000350

「ZASKAR」
リアルXCモデル
29インチ×5モデル
26インチ×3モデル

P1000407

「XIZANG」
Ti XC系モデル
2012継続で26インチと29インチモデルあり
希少価値あり。

「KASHMIR」
クロモリ29インチハードテイルモデル
4130クロモリチューブで組まれた細見の
フレームはグッドルッキングバイクです

Dsc_0045

Dsc_0047

「HANS RAY」モデル

「KARAKORAM HANS RAY」

Dsc_0048

「AVARANCHE HANS RAY」

Dsc_0049

Dsc_0050

そして目玉は

「EDGE Ti 」フレーム

P1000315

P1000318

P1000319

P1000320

P1000323

P1000317

GTマニアには涎もののロードバイクです

「FELT」は次回へつづく




















| | コメント (0)

きょうも仕事しています

長期にお休みを頂いたぶん、がんばって仕事を
させていただいています

「ふく太」さんのOHも完了

いぶし銀カスタムも加えて、新車以上の輝きに

P1000590

BBもお疲れしていたので交換

P1000554

ピカーン

P1000558

さっそく本日納車  喜んでいただきました
ありがとうございました

オレンジ号@Wさん、とうとう禁断のアノBIKEに手を
だしてしまいました

一目惚れだそうです

P1000598

「3G-BIKES SANTA CRUZ」
フェンダーレス&ローワイドハンドル化

奥の「折り畳みヤンチャ仕様」のカスタムも同時納車

自転車生活をエンジョイしてますね

ありがとうございました また、ネタを提供ください

おまけ

P1000595

| | コメント (2)

SDA王滝100km 2012秋 参戦記

セルフディスカバリーアドベンチャー・イン・王滝

      クロスマウンテンバイク100km

これが正式名称ですが、通称 「SDA王滝」又は「王滝」

年に2回開催される日本最長のMTBエンデューロレース。

今回は秋の大会  9月16日(日)に開催されました。

長野県木曽郡王滝村(ほぼ日本列島のど真ん中)

スキー場で有名な御嶽山の麓の村が会場です。

P1000013
松原スポーツ公園が会場&スタート地点

9月15日(金)の志布志発サンフラワーで移動
9月16日(土)大阪から名神・東名・中央高速を乗り継ぎ
16:00前に会場入り

すでに、受付には長蛇の列

P1000011

受付を済まして、会場のブースを見学

明日の補給食で固形のエナジバーをGET

駐車場に戻って、自転車や装備の準備を行います

P1000015

ウェルカムパーティ&コース説明会に参加

P1000024

20:00には車の中でシュラフに入って就寝準備

って、そんなに簡単に眠れません

ビールやチューハイを煽って明日のコースMAPを見ながら
妄想にフケリマス

21:00には ZZZ・・・ 

3:00にめざましが鳴ります
興奮しているのか、すぐに着替えを済ませます

暗い中、自転車に補給食を詰め込み、最終チェック

4:30にスタート地点に自転車を並べます

P1000031

暗くてよく判りませんが、適当に自転車を倒します。

スタートまで時間があるのでトイレに並んだり、装備の
準備や朝食を済ませます。

5:30にスタート地点にスタンバイ

P1000042

すっげ~ 噂には聞いていましたが・・・
見えないところまで自転車が並んでいます

私は、結構前の位置に並べていたようです

まあ、遅い人ほど前に並べる。 というのが私の
信条です 

6:00にスタート

先導車に誘導されながら、一団は舗装路を進みます

P1000046

5kmほど舗装路を走ると待望の林道へ

P1000049

CP1(第1チェックポイント)33km地点まで上りが
続きます

初めて参加するので、コースの状態や難易度が
判りません 自作のMAPとGARMIN頼りに探り
ながら走ります

P1000099

しかし、ガレタ上りでは時速が8km/hを切ります

P1000056


本当にCP1のタイム制限に間に合うのか

すでに、押したり、休憩したりしている選手がチラホラ

誘惑に負けそうになります

CP以外では止まらない と、心に誓いながら黙々と

クランクを回します

気が付くと・・・・ CP1に到着



P1000060

長かった

給水と補給食を摂取して、チェーンオイルをさして
すぐに出発

なんとか、CP1はクリア

厳しい上りは続きます

P1000062

P1000064

この辺にくると、周りにいる人が固定されてきます。

抜いたり抜かれたり

私の場合、上りで抜かれて、下りで抜き返す
この繰り返し

50kmから60kmが一番キツカッタ

P1000065

写真をとる余裕もなくなってきた

腰が痛い 本当に痛い 止まりたい

でも、止まるとオシマイだ 気持ちを奮い立たせて
前だけを見て、コツコツとクランクを回すだけ

何度とブラインドコーナーの先にCPの幻を見たことか・・

期待しない時間が長く続く

突然、コーナーの先にCP2が現れる 68km地点

P1000069_3

助かった

今回の装備で一番重要だと感じたのは

「エアーサロンパス」

張ってきた腰や大腿筋、腓腹筋に シューッ

生き返ります

このCPにも長居はできません、すぐにスタート

P1000070_2

CP2クリア

ここから、CP3までは12km モチベーションが上がります

でも、上りはキツイ

P1000074

そろそろ、ラインのトレース精度が下がります
余分な岩を踏みます ヨロヨロします

P1000073

先に極上の下りが見えます ウォー

あそこまで行くぞぉ

下り区間を調子よく走っていると、あっけなくCP3に

P1000085

エアーサロンパス補給をして、GTのスタッフの方に
ペドロスチェーンルブをたっぷりさして貰いました

CP3 80km クリア

ここまできたら、あとは下り区間(と、聞いていたが・・・)

心が折れそうなくらいの上りが待ち構えていました

P1000088

これがまた、キツクて長い 路面悪い
サイコンも不調で現在位置不明

でも、周りの仲間が

「この上りをクリアすると、あとはゴールまで下りだよ

と、モチベーション

下り区間は、ヤバイほどアドレナリンが出て

スイマセン  飛ばしすぎました

そして、待望のゴール

P1000092

やりました 完走です

タイムは8時間49分も掛かりましたが今回は満足です

体中が痛いですが、なぜか心地よいです

P1000096

準備さえすれば、だれでも完走できることを証明
できました

素晴らしい大会です。日本で一番長いMTBレース。

一度は参加してみませんか?

相棒の「GT FORCE 1.0」 ご苦労様でした

ノートラブルで走りきることができました

P1000102























| | コメント (12)

RIDLEY X-BOW

シクロクロスで常勝バイクといえば「RIDLEY」

ワールドカップでの使用率を見ればこのメーカーの
凄さがわかります。

※勿論、ワールドカップチャンピオンバイクです

そんな、「RIDLEY」が送り出すシクロクロスの完成車

「X-BOW」が入荷しました

P1000539

7000系ダブルバテットアルミフレーム
カーボンフロントフォーク採用
(カンチブレーキ)

上位モデル「X-FIRE」と同じディメンジョンでシクロでの
性能も申し分なし。

700C*35CのコンチネンタルシクロRACEを採用

本格的なシクロクロスから通勤、パスハンティングと多様な
使い方ができます。

P1000545

P1000549

P1000540

P1000548

このベルギーの素敵なシクロバイクが

¥158、550(税込)で手に入ります










| | コメント (0)

遠征よりかえってきました

「ツールド南さつま」に参加のみなさま!

お疲れさまでした

昨日、私も長い遠征より帰ってきました。

ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした

昨日の午後より営業を再開いたしました

今後ともよろしくお願いいたします

SDA王滝100kmのMTBレースは無事に完走できました

近いうちに、ブログにてレポートをUPします

| | コメント (4)

マッチョ系クルーザー3G Bikes

この自転車のタイヤ・・・

振れ取り台にギリギリつきました

P1130764

タイヤサイズ:26×3.45

最初に箱を開けた時に絶句しました

P1130759

この自転車の正体は

「3G Bikes Santa Cruz」

P1130772

クルーザー系のバイクですが少し異色なブランドです

少し前は、チョッパースタイルのバイクを出していましたが
今はローライダー(?)系

P1130776

ショートフェンダーの長さが絶妙です

P1130779

ブレーキはフロントDISC、リアコースターです。

どうです、欲しくなったでしょう
正規代理店になりました

このバイクはすでに予約販売済で今週末には鹿屋の
街をクルーズしていることでしょう

ね、FKさん

定価:¥45,150円(税込)


| | コメント (2)

長期休業のご案内

長期休業のご連絡

9月14日午後から9月22日午前まで

長野県で開催されますMTBアドベンチャーレース

「セルフディスカバリーアドベンチャーin王滝」
クロスカントリー100km

に参加してきます。

その後、大阪・愛知にてメーカー展示会に出席する
関係で長期の休みとなりました。

お急ぎの方には大変ご迷惑をおかけ申し訳ありません。

色々な情報を満載して帰ってきます

宜しくお願いいたします。

| | コメント (2)

おはようサイクリング

昨日は「おはようサイクリング」でした

この時期、行事が多いのか人数少な目でしたが・・・

楽しく走りました

Dsc08241

けんさん親子、Ishiさん、ふく太さん

先月と同じルートを走ります

Dsc08242

私は途中から一行とお別れして林道へ向かいました

最後の王滝練で二股方面の林道に向かいます

Dsc08244

林道手前の自販機で炭酸休憩

Dsc08250

ここから曲がって林道へ

Dsc08251

ガレガレ路面の上りはキツイ

Dsc08255

上りきったところろでUターンして下ります

Dsc08245

今回、タイヤをHUTクーガーからコンチ X-KINGへ

転がりの軽さが体感できますが、タイヤの反発が強くなり
体力が落ちたガレた上りではグリップ抜けして辛かった

プラスチックみたいなサイドウォールの仕業ですな
(プロテクト効果は高いようですが・・・)

この期に及んでタイヤ選択が決まりません

HUTクーガーTLにしようと思いましたが在庫切れ

落としどころは、IRCミトスXC-TLか(王道?)

まあなんとかなるでしょう

残り6日・・・








| | コメント (2)

おはようサイクリング

今度の日曜日は「おはようサイクリング」です。

ルートは先月と同じでどうかと思いますがいかがでしょうか?

私は、王滝前の最後の練習で林道へ行きます

am7:00に鹿屋市鉄道記念館に集合

途中まで、MTBでご一緒します

天気はマズマズの模様

| | コメント (0)

雨の王滝練

昨日は定休日でした。



しかし、めげません

「雨の王滝」予行練習に行ってきます

Dsc08223

二股方面の林道まで自走で向かいます

Dsc08226

王滝の路面がどんなか知りませんが・・・・

なんとかなるでしょ

途中、上りで速度が遅いので「アブ」に刺されました

王滝準備品に「虫よけスプレー」を追加します

あと、1回 林道を走ったら本番です




| | コメント (2)

全日本大学対抗自転車競技大会が終了

4日間の熱き学生の戦いが終わりました。

Dsc08195

女子総合優勝は8連覇の

地元「鹿屋体育大学」

男子総合優勝は30連覇の

「日本大学」でした。

最終種目のロードレースのポイントで総合優勝が
決まるという、非常に激しい戦いが繰り広げられた
本大会でした。

Dsc08216_2


準優勝は地元「鹿屋体育大学」

地元開催でプレッシャーの掛かる戦いでしたが見事な
戦いぶりで、見る者に「大きな感動」を与えました。

Dsc08211

詳細結果は↓

http://jicf-office.sblo.jp/

地元 南大隅高校出身 「入佐 直希」選手は1周目
より逃げて、1周目をTOP通過
会場は大いに盛り上がりました
チーム内の仕事をきっちりとこなして最後まで頑張る
姿には感動しました

私は、3日間メカニックサービスでテント生活でした

Dsc08203

みなさん、お疲れさまでした。


| | コメント (7)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »