« NEW XT/SLX 10速 | トップページ | 林道ルート案内 試験放送? »

「春の林道サイクリング」行きました

夕べは、10時間寝ました

それだけ昨日は遊びつかれたようです

昨日の「林道サイクリング」は、ここのところ行きつけの
「鳴之尾エリア」ですが、今回は自走で行くことになりました。
自宅から、15km位なので「一時間も掛からないね、楽勝」
とのんびりしてたら、集合時間に遅れました

スイマセン

「大隅青少年自然の家」までの上り坂が、思った以上に・・

すでに皆さん集合

Dsc01507

今回の遊び仲間は 「OK」さん、「ゲイリーノリ」さん
そして、久々の「U」さんです
ひとしきり雑談して、ストレッチして、出発です

まずは「生目林道」をゆっくりと走ります。
来る度に、緑色が濃くなってきています。昨日のドカ灰で
風が吹くたびに灰が舞います

「18番」分岐点にて
皆さんの顔が緩んでいますねぇ

Dsc01509

Dsc01510 

ここを左折して「白滝」方面へ作業道を上ります。

「OK」さんは、「激坂リベンジ」を掛けてアタックします
ついつい足が出て、SPDが外れず立ちごけしてしまう
通称 「足すくいの坂」   (かってに名付けました・・)
3度目の正直でクリア

Dsc01513
(写真の場所は少しちがいます)

「鳴之尾トレイル」の入口まで一気に上りました
途中、水溜りで水浴びする人もいましたが・・・

「リアディスク」が共振してうるさいので修理中の「U」さん

Dsc01514

シングルトラック初体験の「U」さん、倒木を乗り越える
練習をやります。
みんな、準備運動でやりはじめます
「倒木には直角にアプローチすべし」

Dsc01515

Dsc01516

身体もほぐれたので、いよいよシングルトラックへ

出発前に皆で確認

自分の技量をわきまえて、危険なところは回避しましょう

練習かいあって、沢山の倒木もなんなくクリア

Dsc01519 

「白滝」と「鳴之尾牧場」に分かれる分岐点に到着

Dsc01521

ここで少し休憩をとります。

Dsc01524

今回は「白滝」を見に行きます
「ゲイリーノリ」さんは、若い頃に行ったことがある
そうですが、他の3人は初めてです
沢を渡って左のルートへ進みます

Dsc01525

正直、「白滝」までは自転車に乗れません
でも、自転車で行くのです
それが、正しい自転車乗りの姿です
(なんでぇ なんて、質問は受け付けません

Dsc01530

途中に水分補給ポイント発見

Dsc01531

もちろん、確保です。

Dsc01532

ここに辿り着くには沢を渡る必要があります。
当然、靴が水没したりします

中には、水没がいやで渡らない隊員もいます
ね、「ノリ」さん

Dsc01534

美味しい湧き水でした
(冷たいのは、靴の中でした・・・)

はっきり言って、「白滝」をなめていました

この程度の滝だと思っていました(補給地点の滝)

Dsc01533

藪を掻き分けて行ってみると

Dsc01538



そしたら、えらい見事な滝でした


1・2・3


Dsc01543

見とれていたら、お昼の時間になってしまいました

昼食会場の「鳴之尾牧場」に急ぎます

分岐点まで担ぎ&押しで戻り、右のルートに進みます。

乗ったり、押したり、担いだりを繰り返します

Dsc01546

「OK」さんの、沢渡り

Dsc01549

「U」さんの沢渡り

Dsc01551

「ゲイリーノリ」さんの沢渡り

Dsc01553

ここを抜けると「鳴之尾牧場」まで下りの乗車区間で
楽しめます

Dsc01555

牧場に到着

前回、この坂を上る途中で「OK」さんが止まってしまい
直後を走っていた「ゲイリーノリ」さんが危うく立ちごけ
して、有刺鉄線に絡まりそうだった「事件」がありました。

「OK」さんは、前回の反省から先に一人で上って行き
ました。

Dsc01558

興奮した牛達が、集団で並走を始めました
前回は、「なに?このオッサン達は??」みたいな感じ
で冷ややかな対応だった牛達が・・・

大歓迎 で   怖かったです・・

Dsc01559

牛に気を取られていた、そのとき

後で騒ぎ声が

なぜか、「ゲイリーノリ」さんが、「金網デスマッチ」状態に

Dsc01560

本人曰く、階段を上がるときに変速してしまい
失速して有刺鉄線側に転倒してしまったそうです。

「ドイター」のおかげで、幸いにも少しかすっただけで
済みました。 ヨカッタ

しかし、今回は注意していたのに・・・
痛いお約束でした

気を取り直して 昼食です
各自持参した、おにぎりやパンをむさぼります

Dsc01563

途中の担ぎポイントで尻餅をついた「OK」さんの
おにぎりが入ったタッパーが破裂していました

タッパーが「エアバッグ」の代わりをしたようです
ありがとう、「タッパーウェアー」

ここまでの道のりで起きた「事件」を肴に雑談が盛り
あがりますが、身体が固まってきたので出発します。

Dsc01564

牛達に見送られながら(やっぱり追いかけられた・・)

ここから、「落ち葉のスラローム」区間を抜け
「連続ドロップオフ」区間を楽しみながら下ります

Dsc01566

ところどころ、激坂を下りながら

Dsc01567

最後の沢を渡ります
この沢では、残念ながら何事もおこりません

Dsc01572

このあと、各自、「すべったのころんだのしながら」
シングルトラックを走りきります

お疲れ様

Dsc01574

Dsc01575

楽しかったです

「大隅青少年自然の家」まで戻って解散です。

3人はそこから自走で帰ります。 みんなと別れてから
1人での自走は・・・ 堪えました

また、いきましょうね

次回は来月、またブログで案内します。

晴れ男の フロッグマスターでした



今回のライディング指南
①SPD外れず立ちごけ
  ・SPDのスプリングは最弱にセットするべし
  ・新しいSPDには、潤滑剤を塗布すべし
  ・スタンディングで外す練習を反復すべし

②前輪が引っ掛かっての前転(ドロップ時)
  ・常に引っ掛かる意識を残しておくべし
  ・重心を低くするべし
  注)
  お尻を引きすぎると腕が伸びてコントロールでき
  なくなるので、膝を畳んで、下につぶれるように!
  ・肘でショックを吸収すべし(サスに頼り過ぎない)
  ・あきらめが肝心
  ダメなときは、早めに自分から飛び降りるべし
  勿論、山側に

怪我なく無事に帰ってこれるように、日頃から練習を
しましょう

|

« NEW XT/SLX 10速 | トップページ | 林道ルート案内 試験放送? »

林道」カテゴリの記事

コメント

やっぱり最高ですね
MTBは山で乗るべし
登山が好きで、スピードが出る物が好きで、メカ好きなら、MTBは最高ですね
マスター、OKさん、Uさんお疲れ様でした
また、来月を楽しみにしてます

投稿: ゲイリーノリ | 2010年4月19日 (月) 22時27分

皆さんお疲れ様でした&ありがとうございました
こけてばっかでしたが最高でした
次回までに練習して少しでも安全に乗れるようになりたいと思います
同じく次回も楽しみにしてます

投稿: U | 2010年4月20日 (火) 00時05分

皆さん、お疲れ様でした。
今回は「足すくいの坂」クリアです。
白滝も最高でした。
頑張って担いでいってよかったです。
視界が開けたときのあの情景はすばらしく、さらに達成感がありますね。
今回はライディング指南の②のパターンでコケましたが、マスターの説明で次は大丈夫そうです。それよりも比較的きつめの登り(乗り越え)のサスセッティングについて、気になりました。少し扱いづらい気がします。テクニックと共に研究の余地ありです。また、いろいろと教えてください。

投稿: OK | 2010年4月20日 (火) 00時18分

みなさん、こんにちは。楽しかったですねぇ。べつに競技ではないのですが、次に楽しく走るために試行錯誤するのは楽しいですね単純な道具こそ奥が深いです深みにはまると抜け出せません この歳になってもやめられないどことかエスカレートしてます みなさん、遊びに付き合ってくださいね

投稿: フロッグマスター | 2010年4月20日 (火) 11時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NEW XT/SLX 10速 | トップページ | 林道ルート案内 試験放送? »