« TIMBUK2 2WAY デジカメいれ | トップページ | 春の林道サイクリング案内 »

「ピョン吉号」に危機せまる

鹿屋市の一大イベント「エアーメモリアル」も終わり
いつものひっそりとした月曜日がきました。

今日は、あいにくの雨模様です。(暇な予感・・・)

自転車ねたではないのですが
先日の林道サイクリングに行くときに、とうとう「ピョン吉号」
が体調を崩しました。 「ピョン吉号」=古い軽トラ

ブレーキペダルが急に重くなったのです
最初は、気のせいと思いましたが・・やっぱり重い

ブレーキをアシストする「マスターバッグ」が壊れたみたいです
そういえば、ブレーキペダル付近から「シューシュー」音がして
いました

Dsc01490

この黒い弁当箱みたいなものの中に「横隔膜」が
入っていて、エンジンの吸気圧でこの「横隔膜」を
吸い寄せる力をブレーキを踏む力の補助にして
いる縁の下の力持ちなのです
※「横隔膜」=「ダイアフラム」

どうも、老齢で、この「横隔膜」に穴があいたようで
吸気圧(負圧)が「横隔膜」の両側に流れ込むように
なり「横隔膜」の機能不全に陥ったと想像できます。

某ディーラーへ修理のお願いに伺ったのですが
すでに、新品部品は「納期未定の受注品」となっており
丁重にことわられました

こうなると、自分で中古部品を探さなければなりません。
車検も近いので、結構焦っています
今まで、ろくに整備をしてやれなかったので、この機会に
重い腰をあげて自分で修理する道を選択します

まずは、部品探しからですが・・・

林道サイクリングは自走か 

旧車は気長に  フロッグマスターでした

|

« TIMBUK2 2WAY デジカメいれ | トップページ | 春の林道サイクリング案内 »

よもやま噺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TIMBUK2 2WAY デジカメいれ | トップページ | 春の林道サイクリング案内 »