« FELT F5TEAM の正体  | トップページ | オリンピックも観てます »

超大作 「アドベンサイクリング 鳴之尾」

昨日は林道サイクリングのため臨時休業をとらせて
いただき、ご迷惑をお掛けしました。

昨日は「てるてる坊主」のおかげで、なんとか雨が降らずに
サイクリングを敢行することができました

当日の早朝に「ゲイリーノリ」さんから電話があり
「タイヤが脱腸している」とのSOS連絡がありました

急いで新品タイヤを積み込み待ち合わせ場所に向かいます。

向かった先は「ローソン花岡店」

すでに「ゲイリーノリ」さんは到着しており、食料を買い込んで
目的地の「大隅青少年自然の家」へ向かいます。

「OK」さんは自走ですので、先に着いて準備をする予定でしたが

現地に着くと、すでに「OK」さんは到着しておりました
(いつもながら気合が入っています

「ゲイリーノリ」さんと、私は「大隅青少年自然の家」の本館に受付
に行きます。

Dsc00920

2階の事務所でMTBコース利用の申し込みを行います。
なんと、無料でしかも、非常用のトランシーバーまで貸して
いただけました ありがとうございます
(本日のMTBコース利用者は我々だけでした・・・)

MTBコースに移動し準備をします。

Nec_0193

今日はデジカメを忘れてきたので携帯電話のカメラです

「ゲイリーノリ」さんの「脱腸タイヤ」の手術を開始

Nec_0195
サイドのゴム量が少ない軽量タイヤは古くなると
「脱腸」しやすいので、日常点検で早めのお手当てを

手術完了 「MAXXIS ランチェロ」が新しい相棒です

Nec_0196

準備も完了したので、MTBコースに向かいます
このMTBコースは初めてなので楽しみです

Nec_0199

「太陽の丘」の麓を周回できるコースレイアウトで
一部、上級者コースが設けられております。
一周、●●●m(すいません、計り忘れました
たぶん、1kmは無いと思います・・・。
林間を走る、幅2mほどの整地が行き届いた路面で
初心者でも安心して走れます

Nec_0200

でも、今日は罠が仕掛けられていました
一部、路面補修の直後だったらしく 「超フカフカ」

今回、SPDを下ろしたての「ゲイリーノリ」さんが餌食に

Nec_0198

いさぎよい たちコケでした

しばらく走り回りMTBコースを満喫したので、外の
林道へ移動することにしました。

行き先を、トランシーバーで「本館の事務所」に連絡すると
道順を指示していただけました
気分は「エベレスト登頂隊」だ~ なんて、3人ではしゃいで
林道に向かいます

まずは、先日のアタックで下調べをしておいた「前目林道」を
走ります (詳細は、前のブログをみてくださいね

「前目林道」入口より約1.3km地点の分岐点

Nec_0202

これを左折して「万滝」方面へ上がります
前回のブログで紹介した「激坂」に向かいます

Nec_0204

この「激坂」はフロントが簡単に浮き上がるほどの
坂で、道路左に見える倒木あたりに消えた人がいます

ここ以外は比較的に緩やかな斜度なのでみんなと
走ると、すぐに終点に到着します

Nec_0206

前回は、1人でしたので、ここで引き返しましたが
今回は、「エベレスト登頂隊」ですので「白滝」をめざして
シングルトラックにアタックです

ここからは、担ぎ有、沢渡り有、押し歩き有、転倒有?
の最高の道が始まります

ここからの写真は携帯電話のカメラの限界でボケボケ
ですが、結構臨場感のある写真だと勝手に自負してます

いくぞ 

Nec_0208

押しが入っても「ニコニコ顔」です

Nec_0209

結構乗車率は高いです

落差のあるタイトな切り返しはリスク回避で降ります

Nec_0212

自転車を引っ掛けながら格闘して激斜面をおりると

そして沢にでました、ここが「白滝」か

Nec_0213

「OK」隊員が状況把握活動を開始します

Nec_0214

「白滝」はここから200m上流のようです

Nec_0217

この地点で右へ廻ると「鳴之尾牧場」へ出る道がある
はずです

「OK」隊員が道の確保に向かいます

Nec_0219

この先は走れる道が確認されたので「白滝」はパスして
「鳴之尾牧場」をめざします
無事に全員が水没することなく渡りきりました

Nec_0220

この先は少しの間は楽しい乗車区間が続きます

Nec_0221

が・・・、しばらくすると 激坂で「ズルズル」

Nec_0222

いくつのも沢を渡り 「ツルツル」

Nec_0223

ちょっとのって

Nec_0225

また、すべったのころんだのして

Nec_0226

ときには倒木をくぐったり

Nec_0227

そして、格闘すること30分
一気に視界が広がり、「北海道」の世界が広がります
ここは「鳴之尾牧場」

Nec_0228

楽しすぎます

Nec_0229

「鳴之尾牧場」で昼食をとるために牧場の施設に
移動します

Nec_0230

「ワアワア」言いながら、「OK」さんと、「ゲイリーノリ」さんが
「ニコニコ」上って来ます

どうも、「ゲイリーノリ」さんが「金網デスマッチ」で流血寸前
だったそうです。 「OK」さんの罠で・・・

Nec_0231

牧場の中の道を走っている「変な人間達」
「羊」や「牛」達は、首を揃えて
「なにやってんの、オッサン達」みたいな目でみてました

各々、持参した昼食を頬張りながら、ここまでの道のり
で起きた出来事を「唾を飛ばしながら」熱く語りました

身体も冷えてきたので、そろそろ出発します

牧場の境界を走り、白滝からの川沿いに帰ります。

牧場の境界沿いは落葉のじゅうたんの上を走ります

Nec_0232

最初は快適なスラロームが楽しめましたが・・・
段々、険しくなってきました

Nec_0235

今回の露払い役 「OK」さん

Nec_0236

きょう何回目かの沢わたり
ここで、私は靴の中に水が入りました

Nec_0238

まだまだ続きます

Nec_0239

ようやく人工的な構造物が見えてきました
シングルトラックもここで終わりです

ここまでで、結束力が強くなった2人

Nec_0241

ここから林道を少し下ると
元の分岐点にでます。ちょうど、1周してきたことに
なります

Nec_0242

今回は、2本目は走らず余韻を楽しみながら
「大隅青少年自然の家」に戻ります

Nec_0194

最高のサイクリング でした
みんなで助け合いながら、罠にはめながら・・
MTBの山走りはやめられませんなぁ

「OK」さんは、自走で帰ります どこまで「タフガイ」

また一緒に走ることを約束して家路につきます

書き出すと長くなる フロッグマスターでした

|

« FELT F5TEAM の正体  | トップページ | オリンピックも観てます »

林道」カテゴリの記事

コメント

超大作ですね。皆さん楽しんでいるのが写真と文字からわかります(^^)
こんな楽しいイベントの前に風邪を引いてしまった事を後悔しています(;_;)
できれば暖かくなった時期に、このコースでもう一回イベントをお願いしますm(__)m

投稿: しん | 2010年2月16日 (火) 00時17分

お疲れ様でした!
私がMTBに乗り始めて今年で10年目でした。10年目にして始めてしっためくるめく快感!!!
本当にフロッグサイクルに顔を出し良かったと思います。2回目になりますが、こんな、楽しい思いを今まで10年間知らずに過ごしたなんて・・・
 だって、最初の沢に着いたときには終点かと思っていたのに・・・そこからがめくるめく快感の始まり!!!
 本当ありがとうございます。

投稿: ゲイリーノリ | 2010年2月16日 (火) 12時37分

しんさん、こんばんわ。風邪は大丈夫ですか?今回のサイクリングは途中から体育会系のサバイバルサイクリングになってしまいました参加者に合わせた楽しいコース設定としますので安心して参加くださいね ゲイリーノリさん、いつも大袈裟な謝辞をありがとうございます 全ては、大隅の自然が素晴らしいのです 我々、MTBerは自然にローインパクトを心がけて走ることが求められます。末永くこの楽しみが続く為にも勿論、ハイカーとの共存も大切ですね

投稿: フロッグマスター | 2010年2月16日 (火) 19時59分

こんなに近場でアドベンチャーライドが出来て、
サイコーでした。
今回もとても楽しいツーリングになりました。マスターに感謝

ゲイリーノリさん、
鳴之尾牧場では、金網デスマッチにお誘いしてしまいまして、誠に申し訳ありませんでした。
懲りずにまた一緒に遊びに行きましょう

しんさん
GT仲間に会えるのを楽しみにしていますので、治ったら、みんなで山に行きましょう


投稿: OK | 2010年2月16日 (火) 20時15分

OKさん、お疲れ様でした。今回のシングルトラックを走って、もう少し自転車のセッティングを煮詰める必要があると感じました、次回までに色々とチューニングしてみます。

投稿: フロッグマスター | 2010年2月16日 (火) 20時46分

OKさん、金網デスマッチも楽しかったです。次回も、どこまでもついて行きます

投稿: ゲイリーノリ | 2010年2月17日 (水) 00時02分

OKさん、ありがとうございます。
次回の林道イベントには是非参加したいと思います。ご指導お願いします

投稿: しん | 2010年2月17日 (水) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« FELT F5TEAM の正体  | トップページ | オリンピックも観てます »