« 秋のカラバリ強化月間 | トップページ | 営業時間のご案内(9/9) »

カリフォルニアの風

店のマスコットカー「ケロルキャブ1号」をカリフォルニア風に
カスタムしました。

アメリカのライダーはピックアップの荷台に自転車を積みますが
スマートに積むために、この部品をつけてます。

「BIKE TIGHT」社 BOLT-ON BIKE CARRIER
P1030568
フロントタイヤを外して、フロントフォークを固定する
金具です。 100mm幅のエンドに対応
お値段 円/個(税込)

使い方は色々で、車内に自転車をのせるために
木の板に「BOLT-ON BIKE CARRIER」を固定して
使う方法もあります。

今回は、「カリフォルニア風」がお題ですので
荷台の通称「バタ」に取り付けます。

P1030569
定規で罫書きをして、ドリルで穴あけします。
M6ネジで固定なので、φ7mmに仕上げます。
(穴あけした箇所には錆びとめ塗料を塗ります。)

取り付けると
P1030570
こんな感じです
ボディが錆びないように、ステンレスねじはやめときました。
今回は、4個取り付けしました。
P1030573
互い違いに、220mmピッチでつけました。
(200mmでもよかったかも

でも、軽トラなので自転車の後輪が納まりません・・・。
枕木を入れればOKです

炎天下の作業だったので、金尺が「チンチン」に熱くて
持てなくなりました
こんなところも 「カリフォルニア風」 でした

新婚旅行でアメリカに行ったときに、レンタカーを借りて
 旅行したのですが、その車のナンバーがカリフォルニア
 ナンバーだったので、田舎の現地人から
 「お前はカリフォルニアの人間か?」と聞かれたのを
 思い出した フロッグマスターでした

|

« 秋のカラバリ強化月間 | トップページ | 営業時間のご案内(9/9) »

自転車部品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋のカラバリ強化月間 | トップページ | 営業時間のご案内(9/9) »