« 営業時間のご案内(9/9) | トップページ | サルサのためしのり »

夏休みの自由研究「ファイナル」

夏休みは、とっくに終わっていました

昔から、夏休み中に自由研究が終わらない癖は
大人になっても直りません

前回は、ディスク台座のフェースカットまで終わらせたので
今回は完成までもって行きます。(おいおい、手抜きか

ディスクブレーキ用ホースの長さをカットします。
最終のケーブルルーティングと同じ状態に仮付けします
各部の干渉や、ハンドルを左右に回したときにホースに負荷
が掛からないように確認します。ぎりぎりの長さにすると
ハンドル変更やステム変更に対応できないので、少し余裕
もたせます。(もたせすぎると美的に・・・・)

今回は、シマノXTのパターンです。

また長くなるので(実は一度書いて長すぎたので削除
ポイントのみにしておきます


「エア抜き」です。

「ローター」を挟んだままの「エア抜き」はやめましょう
「ローター」にオイルが付着すると危険です

「ブリードキット」みたいな、しゃれた物は必要ないでしょう。
付属の「ホース」と「ビニール袋」でもことたります。
まあ、ショップとしては、少ししゃれた物を準備しますが・・・
P1030492

「空気の気持ち」になって、実際には見えない内部の形状を
思い浮かべながら、「エア」が溜まっていそうなオーバーハング
部分を「上下左右」しながら、「ホース」⇒「マスターシリンダ」へ
「ペーターが山羊追い」をするように「エア」を追っていきます。
P1030493
少し休憩をとることで、細かい「エア」が「合体」して動きやすく
なります。 「ドライバーの柄」で「コンコン」するのも古典的な
手法で、おまじないと思ってやってみてください。

ブリーダー(マイティバック等)を使うときは一気にオイルを
吸うのでマスター内のオイル補給に注意が必要です。
「シュパッ」とホース内に「エア」を吸い込み振り出しに戻ります
(特にフロントはブレーキホースが短いので気を付けましょう
注射器位が丁度良いですね
P1030495

注)「ブリーダー」=「手動真空ポンプでオイルを引く道具」

レバーの握りに「プアー感」「スポンジー感」が無くなるまで
気の済むまで繰り返し行います。
(マスター側、キャリパー側双方共にエアが出なくなったら完了)

ということで「完成」

P1030583
P1030584
写真映りは悪いですが、なかなかの「イケメン」です。

ほかの部品は、そのうち個別に紹介します

早く走りにいこっ

おもちゃの前では我慢できない フロッグマスターでした

|

« 営業時間のご案内(9/9) | トップページ | サルサのためしのり »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 営業時間のご案内(9/9) | トップページ | サルサのためしのり »