« ホワイトプラン | トップページ | 世界チャンピオン誕生 »

謙虚なエリア

8月に入って初めて林道に行きました。
(もう9月ですね・・・)
天気が良いので目的地まで「湾岸道路」をクルージング
Nec_0003_2

垂水の猿ヶ城渓谷から大野原林道へ抜けるルートを
考えていましたが、猿ヶ城渓谷キャンプ場の管理人さんに
ルートの近くに「スズメ蜂の巣」があり、何人か刺された
との助言(脅し?)もあり  あっさりと ルート変更

県道71号腺で高峠へ向かい、「高隈山登山口」の看板が
ある分岐路に車を止めて、今日はここがスタート地点です
「大野原林道」を適当なところまで行って帰ってくる計画と
しました
Nec_0016

まずは「右折」で「垂桜」方面へ
「高隈登山口」の案内看板が交差点毎にあるので
看板に従って走ると


Nec_0011
「大野原林道」が始まります

この林道は「未舗装率」が高く、適度に荒れてて
いい感じです

出発地点の標高がすでに高い(海抜500m)ので
激坂はなく快適に走れます。(アップダウンは有りますよ
オオノガラ岳を左手に見ながら林間を走ります。

Nec_0015

途中、針葉樹林の木のトンネルをいくつか抜けると
右手に猿ヶ城渓谷の山々が近づき、山間を抜ける道となり
ます。 この道はやがて「白山林道」となり「錦江湾」へ
このまま調子にのって走り続けると帰りが大変なので
折り返し地点を探します。

折り返し地点としては、実に謙虚な場所を選びました


Nec_0012

「スマン かわ」

昔の人が治山工事をしたときに、川を汚してしまったので
このような名前がついたとさ ・・・・

スイマセン・・・  う・うそです

スマン峠の麓にあるので「スマンかわ」だと思います

「スマン峠登山口」を拝見して、同じ道を帰ります。
Nec_0014

帰りは下り基調なので、プチダウンヒル気分で爽快です

本日の出会い
バイカー、ハイカー0人、ライダー、ドライバー0人
営林署職員0人、へび2匹、トカゲ4匹、スズメ蜂0匹
とんぼ多数(オニヤンマと並走できます)

では、また来週

ちょっとで満足 フロッグマスターでした

|

« ホワイトプラン | トップページ | 世界チャンピオン誕生 »

林道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 謙虚なエリア:

« ホワイトプラン | トップページ | 世界チャンピオン誕生 »