ヘッドパーツ

自転車の操安性に大きく影響を与えるのがヘッドパーツです。

ハンドル(正確にはフロントフォーク)が回転する部分のベアリング周りの部品を総称してヘットパーツと呼びます。

この部品に不具合が出て回転が悪くなると真っ直ぐに走るのが大変になります。
※自転車は進んでいれば自然にハンドルが左右に回転しながらバランスをとり真っ直ぐ走るのです。(セルフステアと言います。)

勿論、コーナーリング中のバランスも困難を極めます。

特に、雨の日でも走る選手が使う自転車は痛みが激しいのです。少しずつ悪化していくので選手でも気が付きません。気が付いたときはベアリングはご臨終になっています。

そんな時は交換するしかありません。

P1200442
やっかいなことに、メーカーや年式によって星の数ほど種類があります。

出来る限りの種類をストックしておりますのでハンドル周りに違和感がある方はご相談ください。

P1200474
P1200475
P1200472









| | コメント (0)

営業日情報のご案内

明日、9月22日(木)は定休日ですが通常営業いたします。

9月23日(金)に振替休業させていただきます。

宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

オルタナティブバイシクルズ取扱開始

痒いところに手が届く的商品を沢山取り扱っている

「オルタナティブバイシクルズ」扱いの商品を販売開始いたします。

個人的にまず欲しかったのがコレ

20150808_1432610_t


「WOLF TOOTH」の「ROAD LINK」

ロードをフロントシングル化してリアカセットをワイドコグにしたとき、通常のリアメカではキャパシティオーバーでケージがコグに干渉するのですが(Bテンションボルトをロングにしても・・・) この「痒いところに手が届く」部品をインストすると、お悩み解消してくるれるのです。

20150808_1432609_t※オルタナティブバイシクルズHPより転載

3350-で悩み解消です!

コレも痺れる商品です

「WOLF TOOTH TANPAN」

20160301_1615763_t


ロード用STI(デュアルコン)でMTBのリアメカが引けます!
これがあると、ロードでリア50Tも夢ではありません!

5850- (10S用と11S用があります)

ちょっとマニアックな話題でした。

その他

有名な商品として

「TOGS」

フラットバーハンドルの端部に取り付ける「バーエンドバー」はマルチなポジションを得るのに昔のMTB界では一世を風靡しましたが、近年のハンドルバーのワイド化に伴いバーエンドバーは廃れていきました。(広すぎて力が入らない)

みんなはしかたなくブレーキブラケットを握ってポジションを作っていましたが、「シックリ」せず「モヤモヤ」していました。その「痒いところ」を解決したのが「TOGS」です。

P1200549


20150126_1225643_t
グリップの内側に「TOGS」を取り付けると上りポジションで力が入れやすいのです。

スタンダード:3690-  カーボン(オープンクランプ):4980-

P1200547

その他商品も取り寄せ可能です。

http://altbikes.jugem.jp/

| | コメント (0)

GT2017モデル順次入荷

アメリカの老舗MTBブランド「GT」の2017年モデルの入荷が始まっております。

当店のMTBerが最初に選ぶ1台目として定番にもなりつつある

「AVALANCHE」(アバランチェ)が待望のフルモデルチェンジを果たして登場

P1200480
スローピングしたトリプルトライアングルフレームが格好いいです!
最新のロングトップチューブデザイン

P1200483


P1200484_2

TEKTORの油圧ディスクブレーキを装備、サンツアーXCTサスペンション装備

P1200492

ループしたエンド周りも堪りません!

P1200486
これだけ魅力的なのに \68,800- !!

正直、自分用に欲しいです(GTハイエンドモデルを所有していますが別腹で欲しいです)







| | コメント (0)

MERIDA2017モデル順次入荷

MERIDAの2017年モデルが入荷始まっています。

エントリーロードフルモデルチェンジ

「RIDE80」

これから自転車を始めたい人の敷居を下げてくれる1台です。

P1200457
8万円台ながら上位モデルと同じデザインのアルミフレームを採用し、なんとフロントフォークはフルカーボン製なのです。(コラムもカーボン)

P1200460
コンポーネントも信頼のシマノ製(クラリス)です。

いろいろ悩むより早く乗り始めて楽しみたいかたへ

\83900- (税抜)

| | コメント (0)

営業時間のご案内

9月11日(日)は「おはようサイクリング」のため

13:00~19:00の営業となります。

| | コメント (0)

RIDLEY2017年モデル公開

RIDLEYの2017年ラインナップが公開されました。

http://www.jpsg.co.jp/ridley/bike.html

今年の話題は「HELIUM」のモデルチェンジです。

「HELIUM SLX」
Hslx01am
日本総代理店 JPスポーツのHPでこう書かれています(以下抜粋)

>
>

「開発コンセプトは登りで攻撃力アップ!

以前のヘリウムSLの軽量は維持し、衝撃吸収性を抑え、ヒルクライムステージの勝負所でのアタックなど、一瞬のチャンスを逃すことなく反応する高い剛性を実現しました。
優しい乗り心地はフェニックスSLに任せ、プロのペダリングパワーをダイレクトに推進力へと変換するフレームに生まれ変わった、ヘリウムSLX(スーパーライトエクストラ)が登場したのです。

>
>

なんとも頼もしい! ヒルクライマーには堪らないバイクですね。
重量:750g(Mサイズ)
\385000-

「HELIUM X」

HELIUM SLXと同じ形状でカーボンton数を抑えたモデルです。

一般のユーザーに受け入れられやすいバランスに仕上がっているそうです。
重量:900g(Mサイズ)
\268000-
Hsl02as
他のモデルも魅力的なカラーリングにチェンジしていますのでHPを是非覗いてみてください。 http://www.jpsg.co.jp/ridley/bike.html

RIDLEY2017年モデル 予約受付中

| | コメント (0)

«FELTのクロスバイク